ジヴァールさんのブログ

自分の一次創作『sorgente(ソルジェンテ)』とうまそうす騎士丼すさんの『ユースティア』のちょっとした設定とかを書いてたりします、お世話になります

オフュア

名前:オフュア

キャラデザイン

 

 

 

棒デザ

 



 

 

 

狂の派閥加入後

 



 

 

 

■身長189cm程 体重81kg 誕生日1月23日. 右利き

性別 【オス】 戦闘【LvA】 種族 【獣族(オオカミ)】

 

42歳(102年時)

 

異名『貪欲な一匹狼』『迅狼』

 

■能力:ウインドオーラ

風を起こすことが出来る能力(気)

ドリルのように直線上の敵を貫いたり

重い武器に纏わせ、振り回しやすくしたりする

 

 

□マクメメー産まれのオオカミの獣人で傭兵稼業で生活をしていた

傭兵として旅をしているときに滅びて間もない廃村を発見

ボロボロだった幼いイビスを見つけ、保護し、息子の様に育てていく

その後色々ありVICEの傘下へ

 

 

■人柄『人見知りな寂しがり狼』

鋭い目付きのせいで回りから勝手に距離を取られる可愛そうな狼

 

一時期、編成を組んで傭兵に挑んだことがあったが

仲間との打ち解け方が分からずに、距離を置かれ解散してしまったり

とにかく会話が下手くそ。

 

ほんとは皆と話したいのだが

自身の厳つい姿のせいで誰にも話しかけられない、話しかけてもオドオドさせてしまったりしてしまう。

そのため自分の容姿を少し毛嫌いしている

 

でも何人かは自身の性格を理解し、共にしてくれる

そんな中、彼は行き倒れていたイビスと出会った

 

 

 

□戦闘時はウィンドオーラを自身の大剣に纏わせ戦う

囲まれても強風で吹き飛ばし、銃で攻撃されても逆風で相手に跳ね返す

 

攻守一体の立ち回りを行う

 

 

 

 

武装詳細

 

□守護大剣アセナ

柄が独特な形をした

刃が直角の大剣、斬るよりも叩き割る事が得意

 

刃の部分が2つに分離し、魔法の障壁を展開する事が出来る

仲間を守ることは勿論、障壁を展開しつつヘイトを稼ぎ

側面を味方が突くといった戦法も可能

これはこの大剣の異能とも言える

 

大剣のイメージ

 

色付き

 



※元々はゼロさんのキャラ、皓天劔グラムさんが持つ武器のデザイン案でしたが

オフュアくんの武器になりました

 

 

 

■形態

□ブラッドオーバー

戦闘Lvが【A】から【S-】に

 

より野性味のある姿へと変化する、例えば四肢が四足歩行の物に変化腕は巨大化し、まるで…血に飢えた獣

イメージはblood bone

 

■趣味・嗜好

 

□特技:料理 狩り 野営 サバイバル 聞き分け 嗅ぎ分け

 

□趣味:鍛練 朗読 焚き火

 

□好 :いい臭い 音楽 優しい声 会話 肉

 

□嫌 :異臭 金属が擦れるキーンって音 騒音 自分自身 血の匂い

 

■話し方

 

自分『オレ』 『自分は』

相手『お前』『貴様』

複数『お前ら』『貴様ら』 『ソイツ』

 

 

■異歴

□62年:(0歳)

マクメメー地方、放浪しながら傭兵をする獣族の家系に生まれる

 

親の知り合いだった商人と共に各地を旅する

(ラグライアを除く、理由は内部争いが激しく獣人を差別する傾向があるから)

この世界を知りつつ、護身術、剣術を商人を護る傭兵たちに教わる

 

両親は二人ともその商人と長い付き合いの傭兵、オフュアの為に周辺地域で出稼ぎも行っている

しっかり親子の時間も作ってくれている優しい商人さん

 

□67年:(5歳)

大剣をこの年頃から振り回し始める

当然重すぎて振るえない

 

だがウィンドオーラをこの時に会得し、気を大剣に纏わせる練習も始める

 

□74年:(12歳)

ウィンドオーラのおかげで

大剣を長剣の様に軽々振り回せるようになる

 

ある日、山賊らに夜襲されるが、オフュア一人で撃退し、面倒を見てくれた商人と傭兵達に称賛されるが

一人で挑んだ事を騒ぎを聞きつけて帰ってきた親に怒られる

でも無事で良かったと安堵される

 

 

 

□79年:(17歳)

とある街へ向かう際、又も商いの荷馬車を山賊に襲来される

自身以外にも同僚が居たが人数差で押し切られ、商品などを強奪される。荷馬車は壊されてしまい

 

オフュア一人でその山賊のねぐらへ向かおうとするが

旅に途中であった不亡の異名で知られる「ユノ・フィコラス(当時23歳)」

そして騒ぎを聞きつけた来た「レリエル・ジェットレイヴ(当時18歳)」が手を貸してくれると

申し出てくれた

 

三人で山賊を退治、もとい皆殺しにし

金品を取り戻す。

 

どうやら自身が12歳の時に追い払った山賊らでオフュアに一泡吹かせようと

何年も付け狙っていたのだ

 

皆殺しといったが取り逃した(見逃した)輩も数人居た、産まれてから長年育ててくれたキャラバンには子供も居たため迷惑を掛けまいと

 

お世話になったキャラバンを離れ両親のように傭兵家業へ本腰を入れることにする

同時に長年一緒に居た商人らから、これまでの戦績を称えて

商品として売られていた(余っていた)

魔剣・守護大剣アセナを譲り受けることになった

 

彼らとの別れと同時にユノから「弟子にならないか?オフュア」

と言われるが理由をつけて断り、その場を離れた

 

 

□82年:(20歳)

そこそこ名の知れる傭兵となり

彼と編成を組みたいものが現れ始める

 

しかし、会話はほとんど生まれてからずっと一緒に居た商人や傭兵らと少しする程度だった為

初対面の相手にどう接すれば良いか分からず、会話が少なかった

 

それが災いし次第に

「一緒に仕事したけど、アイツなに考えてるか分かんないわ、常に怖い顔してるし」

みたいな噂が流れ始め、もしかしたら機嫌損ねたら殺されるのでは?と

噂が飛躍しすぎて

声を掛けられにくくなる(ほぼギャグ)

 

 

だがその機会があってか、オフュアを理解してくれる者たちも少なからずおり

酒場で静かに飲み交わしたりする

(嬉しくて少し尻尾をフリフリする)

 

 

□89年:(29歳)

マギーアを中心に活動を続けるオフュア

酒場に貼られている「薬草探し」を受注し、その捜索範囲であったVICEに占領された街の近くの森を放浪中、焼け焦げた廃村で

当時4歳だったすすり泣いていた「イビス・マーレン」を見つけ、保護する。

とても衰弱しており、命に関わる状態であった為

納品予定であった薬草で手当てを施しながら食事を与える

 

その後近くの街の病院でしっかりと処置を施され、回復していった

次第に彼の素性が分かっていき、医者にこの子を養子にしてみては、と提案をされる。

 

目も見えず見るに堪えない状態の彼を放っておくことなど自身には出来ず

以後、自身の子供の様に育てていく、その様子はまるで親子の様だった。

 

だがオフュアは雨風を凌げる家がなかった、その為

オフュアと仲が良かった獣人が住む、岩山をくり抜いた家に居候する形で生活することとなる。

その獣人は無償で住まわせてくれた、懐が広すぎる。

 

 

 

□101年:(41歳)

VICE・狂の派閥の者がイビスの握った魔剣を発見し回収、振るおうと握るが

棘のようなものに阻まれる、痕跡を頼りに自身らの場所を特定される

戦力に引き込もうと

七劔である蒼瀑劔スヴェル、そしてその右腕ヒョウガが

二人の場所へと向かった

 

突然イビスを連れ去ろうとした彼らを払いのけたオフュアは攻撃される。

当然勝てるわけもなく、半分凍り付けにされ瀕死に追いやられるが

イビスが自身の前に立ち、スヴェルらが居るVICEに加わると告げ、泣く泣くVICEに加わることになる

 

以後、自身を庇ってくれた恩返しも兼ねてイビスと共に行動する事がより多くなる

(後デカイ自分が何も出来ず悔しかった為)

 

□102年:今(42歳)

 

□なにか更新予定

 

 

■交友関係(ざっくり)

 

 

◆VICE側

 

〇狂の派閥

 

●イビス・マーレン(作者:自分)

性別:男性 種族【人間】17歳(102年時)

所属【狂の派閥・蒼瀑騎士団/兵士】

一人行き倒れそうになっていたところを助けた、幼い彼を見てきたのもあって自分の息子同然に思っておりいつも一緒に行動している

 

狩りの仕方、獲物の捌き方

肉の干し方、自身の生き方の全てを教え育てている

たまに抑えきれない"何か"の衝動に駆られるがそれを言わないよう抑えている

 

スヴェルとの戦いで自身を庇わせてしまったことに未練を感じてしまっており

命に代えてでも守ると決めている

 

 

イビス・マーレン - ジヴァールさんのブログ

 

 

●スヴェル(作者:磁石さん)

性別:男性 種族【人間】 年齢不明

所属【VICE・狂の派閥:蒼瀑騎士団団長】

『嫌い』

 

イビスを引き込もうとしてきた際に抵抗したが力及ばず彼らに下ることなってしまった、自身らのリーダー

イビスはスヴェルの近くに居れば安心だよと言うが、オフュアは彼を信用出来ない

武力による制圧、に対しても乗り気ではないが今は従うしかないと思ってはいるが

 

寝首を搔けないか隙を伺っている

つまり謀反を起こそうと考えていたりもするが

ほぼ諦め状態(絶対勝てないから)、弱る隙を狙っているハイエナの様

 

スヴェル 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

 

●ヒョウガ(作者:磁石さん)

性別:女性 種族【魔族】 年齢869歳(覚えていない)

所属【VICE・狂の派閥、蒼瀑騎士団副団長】

『団長よりは好き』

 

スヴェルの右腕とも言われている人物、幼くして副団長にまで上り詰めたが高い所にある物を取ってほしい時によく呼び出されこき使われたりする、その度に感謝を述べて撫でて来るのでくるので彼女になら付いていこうかなと考えていたりしてる

羊肉を干したものを一緒に食べたりする

 

 

 

ヒョウガ 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

 

●レヴァンテイン(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:女性  種族【魔族火霊種】 年齢28歳(102年時)

所属【VICE・狂の派閥.七劔「紅炎劔」紅炎騎士団団長】

 

 

●ミストルティン(作者:あそさん)

性別:女性 種族【人間】 年齢(三桁・天魔暦から)

所属【VICE・狂の派閥.七劔「翠萌劔」 翠萌騎士団団長】

 

 

 

ミョルニル(作者:泡沫さん)

性別:男性 種族【人間】 年齢17歳

所属【VICE・狂の派閥 七劔「琥靂劔」 琥靂騎士団団長】

 

 

 

●グラム(作者:ゼロさん)

性別:男性 種族【人間?】 年齢不明(見た目は30手前位?)

所属【VICE・狂の派閥 七劔「皓天劔」 皓天騎士団団長】

 

 

 

●ティルヴィング(作者:極小細菌さん)

性別:男性  種族【龍族】 年齢不明

所属【VICE・狂の派閥 七劔「黝堕劔」 黝堕騎士団団長】

 

 

ユグドラシル(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:女性 種族【天族】 年齢不明

所属【VICE・狂の派閥 七劔「橆貎劔」】

 

 

ラグナロク(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:? 種族【神?】 年齢不明

所属【VICE・狂の派閥 王 】

〈主君〉

 

 

 

 

 

 

◆ナイツロード側

 

●ユノ・フィコラス(作者:自分)

性別:男性 種族【獣族(孔雀)】 年齢46歳(102年時)

『友であり、敵である』

79年の17歳の時、商い中だった頃にキャラバンが野党に襲われた時

一人で野党の根城に向かおうとしているところ、声を掛けられ共闘を申し出てくれた

そのこともあり、よき友である。

しかし敵として再開することとなろうとは思いもよらなかったであろう

 

 

ユノ・フィコラス - ジヴァールさんのブログ

 

 

 

 

●ウォルター・アラトティス(作者:私)

性別:男性 種族【鱗人族(人と魚人ハーフ)】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

 

やたら魚臭い人間と思ったら魚人のハーフであった

何度かイビスと共に交戦したが縦横無尽に動き回るので非常に厄介に思っている

なので狭い場所に誘い込むようにはしているがそれでも対処は難しい

 

食物連鎖の頂点に立つ生物の末裔同士なのもあり、対抗心がある

 

 

 

ウォルター・アラトティス - ジヴァールさんのブログ

 

 

 

●ウォーネス・メルオデス(作者:私)

性別:雌 種族【獣族(ボルゾイ)】 23歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

 

 

 

ウォーネス・メルオデス - ジヴァールさんのブログ

 

 

 

 

●ギレイグ・ヴェード(作者:私)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】30歳(異歴98年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』/VICE・死の派閥戦闘員】

 

 

 

ギレイグ・ヴェード - ジヴァールさんのブログ

 

 

 

 

●エレク・ペアルトス(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 17歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊】

 

 

 

 

 

●グーロ・ヴィリヴァス

性別:男性 種族【人間】25歳(102年)

所属【KR本部・戦闘部隊『』】

 

 

 

 

 

●ライリー・テルテス(作者:松吉さん)

性別:男性 種族【獣族(ケモ耳)】 17歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

 

 

 

 

 

 

●ベルベット・ブラート(作者:磁石さん)

性別:男 種族【人形】 26歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

 

 

 

ベルベット 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

●レルムヴァート(作者:Y.o.Uさん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

 

 

 

 

●フィリアス・ミューレイド(影さん)

性別:女性 種族【人間】 23歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官兼部隊長副官『槍(ランス)』分隊G-Clef」隊長】

 

 

 

 

●アルダ・エルヴァイン(作者:泡沫さん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』分隊リベリオン」】

 

 

●レファーナ・ナルヴィア(作者:泡沫さん)

性別:雌 種族【獣族(狼と狐のミックス)/獣面族】 年齢24歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』分隊リベリオン」】

〈神出鬼没〉〈注意〉

ある時の戦いで交戦を経験、中々頭のキレが良く、気づけば他団員らの連携によって罠まみれの場所に誘い込まれていたこともあった 

イビスと協力し、なんとか脱することは出来たが。

気づけば背後に居て攻撃を受けそうになったりと彼女の気配を消す能力に厄介さを覚えている

 

オフュアは鼻が利く方なのだが、その能力のせいで微かにしか感じ取ることしか出来ない。尚且つ動き回り俊敏なのもあるので大体は自身のウインドオーラで罠ごと吹き飛ばして有利にさせないようにしている。

 

(いいよ大丈夫、絡ませてくれてありがとう) 

 

彼女の設定はコチラ↓

レファーナ 設定 - Spica

 

 

 

◆英雄機関

 

 

 

◆その他

 

●ディープ・デスクロウ(作者:自分)

性別:男性 種族【獣族(アフガンハウンド)】 年齢41歳(102年時)

所属【秘密結社メラニオン】

『友であり、敵である』

79年の17の時、山賊退治に協力してくれた恩人であり、友であり、そして敵である

 

印象的な体毛に顔、一度見ただけで直ぐに彼だと分かる

出来れば今は出会いたくはないと思っている、斬りたくもないし殺したくもない

友に刃を向けるのはしたくはないから

 

 

ディープ・デスクロウ - ジヴァールさんのブログ

 

 

 

●なにかあったら追加

 

 

 

 

ちょっと小話、曖昧な設定話

 

■誕生日

オフュアの誕生日はニホンオオカミが絶滅した日

1905年1月23日が元です、私が死んだ後もオオカミが生きていけたらいいですね

 

 

 

 

 


■オフュアのお家

彼は一時期から岩山をくり抜いたような拠点。良く言うと夢がある、悪く言うと山賊が住んでいるような場所で生活する。

なので家の前にあるような「名前」が書いてある看板を立てている

 

だがここは彼と仲が良かった獣人の家であり、イビスがある程度成長したら

共に出ていく予定であった、そこに間が良くVICEらが来ることになる。

 

 

■オフュアの性格 

ざっくりいうと感情が全部尻尾にでるタイプの獣人。

プレゼントを貰うと顔は大人しさを感じられるが尻尾はブンブンに振り回してしまっている

これは無意識に行ってしまっている、いわば感情センサーみたいなもの

撫で繰り回した日には尻尾の骨を痛めてしまう事もあるかもしれない

 

そしてそれに気づいて赤面する。

 

 

 

■この子を描く上で参考にしたもの

 

ドラゴンズドグマより 自身のメインポーン

動物         ハイイロオオカミ 

ベルセルクより    ガッツ

ダークソウルより   大狼シフ

イビス・マーレン

名前:イビス・マーレン

キャラデザインイメージ

 

 

ちょっとあとで変えるかも

 

 

棒デザ



 

 

 

狂の派閥加入後の格好イメージ

 

 

 

■身長150cm程 体重40kg位 細身 誕生日3月21日 右利き

性別 【男性】 戦闘【LvB-】 種族 【人間】

 

17歳(102年時)

■所属【VICE・狂の派閥/蒼瀑騎士団兵士】

 

異名『深淵を纏うもの(仮)』

  『盲目の剣士』

 

□狂の派閥、蒼漠劔スヴェルが率いる兵団に所属する目が見えない剣士

狂った者達が居る中

純粋無垢な性格を持っている(狂人のフリをしている)が

 

ただただオフュアと一緒に生きていければ良いと節に願い

その障害になるものなら誰でも殺そうと思っている

 

 

 

■能力:深淵の加護

自身の周りを自身以外が視認できない、青黒い液体?が覆っている

彼に損傷を与えようとする全てから守ろうとする

 

フルンティングを握った事でこの異能を得る

 

 

 

■人柄『世界を知らない箱入り息子』

 

□産まれてすぐに深剣を握らされ目から光を奪われた少年。

その為、リンゴという食べ物すら知らず、色すらも知らない箱入り息子

聞くもの触るもの全てが新鮮に感じており、この世界の残酷さすらも知りえない

 

 

□戦闘時は深剣フルンティングを用いながら

自身の周辺を青黒い液体を展開しながら戦う

深淵の加護によって、生物ならばシルエットで彼の目には表示される

敵ならば赤に、大事な人ならば青になるようになっている

 

斬られそうになっても

液体が物理的な攻撃を全て受け止めてくれるのでほぼ死なない

ただ、異能(エフェクト)や魔法等の

エネルギー系の攻撃は軽減しにくいので気を付けている

 

 

 

 

□イメージはBASARAのお市織田信長を足して2で割った感じ

 

武装詳細

 

□深剣フルンティング

我が子に未練を残して死んだ母親の念が武器となった魔剣

この魔剣は18歳までに剣に触れた未成年を主の対象とし、その選んだ者を死ぬまで守り続ける

(ほぼ怨念みたいに)

 

ざっくりとしたイメージ↓

 

 

 

深剣解放↓

 

 


 

 

 

 

 

 

 

■形態

戦闘Lvが【B-】から【S-】に

 

ソレを守るために一つとなった姿

まるで騎士の様

 

この姿に自我はない

 

 

■趣味・嗜好

 

□特技:聞き分け 物覚え 嗅ぎ分け 超常記憶(話した内容を全て覚える)

 

□趣味:音楽試聴 演奏(楽器は何でも) 自然音を聞く

 

 

□好 :音 優しい声・匂い 水音 獣臭(主にオフュアの) 活気のある場所 会話

 

 

□嫌 :金属の擦れるキーンって音 怒鳴り声 異臭

 

 

 

■話し方

 

自分『ボク』

相手『あなた』『君は』

複数『あなた達』『君達』

 

 

■異歴

□85年:(0歳)

深剣を崇拝する親の元に産まれ

直ぐさまその魔剣と契約(握る)を結び

目から光を失う(力の代償として)

以後信仰の対象として育てられることになる

 

□89年:(4歳)

●産まれてからずっと目が見えなかった為か

聴覚 嗅覚 気配に敏感に発達し

足音などでどの人物か判別できる様になる

 

●幼くして宗教関連の信仰者達と良く話し、親しまれる

話すのが好きだったから

 

●音楽に出会い、毎日聴くようになる

多分クラシック系

 

●自身の街がVICEによって制圧される

家族と共に逃げようとするが

見つかり、自身以外は皆殺しにされてしまう

殺されなかったのは盲目だった為

(魔獣や山賊などに殺されるだろうと思われたため、つまりソイツは下衆だ)

 

死という概念を知らなかった彼はなにも見えない中、死んだ家族達を探して動き回り、衰弱し、意識が薄れていく

 

●そしてオフュアという獣人に拾われ

我が子の様に育てられることになる

彼から死という事が何なのかも教わることになる

 

□92年:(7歳)

オフュアに助けられながらこの世界の生き方を学んでいく

彼の友の獣人が住んでいる、山をくりぬいた住み家で日々を暮らす

(ちゃんと換気できる窓とかがあるよ)

 

剣術も教わる

(このとき0歳からずっと側にいた青黒い液体が補助する)

 

 

□101年:(16歳)

深剣の主を探していた狂の派閥の者達にイビスが見つかる

そこへ向かったのが七劔の一人・蒼瀑劔スヴェルであった

 

戦力になると考えたラグナロクの命によりイビスを連れて行こうとするが

オフュアが反抗、勝てるわけもなく追い詰められ瀕死の半分氷付けの彼を庇い

自身等を派閥に加えてほしいと懇願する(泣きながら)

 

無論、抵抗する意思が無いと判断されて

スヴェルに狂の派閥へ、蒼瀑騎士団への加入を承諾され、狂の派閥へと下る

 

言われるがままに剣を振るい、実戦を積んでいく、護りたいものを護るために

 

 

 

□102年:今(17歳)

 

□なにか更新変更予定

 

 

■交友関係(ざっくり)

★VICE側

 

◆狂の派閥

●オフュア

性別:オス 種別【獣族(オオカミ)】42歳(102年時)

所属【VICE・狂の派閥:蒼瀑騎士団「兵士」】

『父のような存在』

 

自身を助け、育ててくれた父親のような存在

永く一緒に過ごしてきたのもあって彼のことはよく理解している

越えてはならないと抑え込んでいる欲望も

 

 

 

●スヴェル(クロノ・ファンジル)(作者:磁石さん)

性別:男性 種族【人間】 年齢不明

所属【VICE・狂の派閥.七劔/蒼瀑騎士団「団長」】

『主』

イビスが今102年現在従っている人物、彼が近くにいると空気が冷めるので直ぐに分かる

この人についていけばオフュアとずっと一緒に居れる、そう思って剣を振るっている

手で触れられたことがあるがとても冷たかった

 

 

設定はコチラ↓

スヴェル 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

●ヒョウガ(作者:磁石さん)

性別:女性  種族【魔族】 年齢869歳(推測)

所属【VICE・狂の派閥/七劔蒼瀑劔 蒼瀑騎士団「副団長」】

『優しい副団長さん』

スヴェルの右腕、鍛錬にも付き合ってくれたり

動きに的確にアドバイスしてくれたり、優しい人

 

ヒョウガ 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

 

 

 

●レヴァンテイン(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:女性  種族【魔族火霊種】 年齢28歳(102年時)

所属【VICE・狂の派閥.七劔「紅炎劔」紅炎騎士団団長】

 

 

●ミストルティン(作者:あそさん)

性別:女性 種族【人間】 年齢(三桁・天魔暦から)

所属【VICE・狂の派閥.七劔「翠萌劔」 翠萌騎士団団長】

 

 

 

ミョルニル(作者:泡沫さん)

性別:男性 種族【人間】 年齢17歳

所属【VICE・狂の派閥 七劔「琥靂劔」 琥靂騎士団団長】

 

 

 

●グラム(作者:ゼロさん)

性別:男性 種族【人間?】 年齢不明(見た目は30手前位?)

所属【VICE・狂の派閥 七劔「皓天劔」 皓天騎士団団長】

 

 

 

●ティルヴィング(作者:極小細菌さん)

性別:男性  種族【龍族】 年齢不明

所属【VICE・狂の派閥 七劔「黝堕劔」 黝堕騎士団団長】

 

 

ユグドラシル(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:女性 種族【天族】 年齢不明

所属【VICE・狂の派閥 七劔「橆貎劔」】

 

 

ラグナロク(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:? 種族【神?】 年齢不明

所属【VICE・狂の派閥 王 】

 

 

 

 

 

 

 

★ナイツロード側

 

 

●ウォルター・アラトティス(作者:私)

性別:男性 種族【鱗人族(人と魚人ハーフ)】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

 

不思議な香りの青年

彼と戦うといつも水の音がして場所を探りにくい

 

 

 

ウォルター・アラトティス - ジヴァールさんのブログ

 

 

 

●ウォーネス・メルオデス(作者:私)

性別:雌 種族【獣族(ボルゾイ)】 23歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

 

 

 

 

 

ウォーネス・メルオデス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●ギレイグ・ヴェード(作者:私)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】30歳(異歴98年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』/VICE・死の派閥戦闘員】

 

 

 

 

 

ギレイグ・ヴェード - ジヴァールさんのブログ

 

 

●ユノ・フィコラス(作者:自分)

性別:男性 種族【獣族(孔雀)】 年齢46歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官】

 

 

●エレク・ペアルトス(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 17歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『』】

 

 

●ライリー・テルテス(作者:松吉さん)

性別:男性 種族【獣族(ケモ耳)】ショタ 17歳(102年)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

 

 

 

 

●ベルベット・ブラート(作者:磁石さん)

性別:男 種族【人形】 26歳(102年)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

 

 

 

 

●レルムヴァート(作者:Y.o.Uさん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

 

 

 

 

●フィリアス・ミューレイド(影さん)

性別:女性 種族【人間】 23歳(102年)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官兼部隊長副官、『槍(ランス)』分隊G-Clef」隊長】

 

 

 

 

 

●アルダ・エルヴァイン(作者:泡沫さん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』分隊リベリオン」】

 

 

 

◆英雄機関

 

 

 

◆その他

ディープ・デスクロウ(作者:自分)

性別:男性 種族【獣族(アフガンハウンド)】 年齢41歳(102年時)

 

 

 

 

●なにかあったら追加 

 

 

 

 

ちょっと小話、曖昧な設定話

 

■イビスの誕生日はオフュアの誕生日を逆さまにしただけです

 

 

 

■ウェポンストーリー『フルンティング』

 

ある家族に三人の子供が生まれました

 

長男はとても頼もしく明るい性格で  次男は賢く育ち

生まれたばかりの三男をあやしたりしていました

 

ある日  父親が長男を連れて街の教会へと行って  父親だけが帰ってきました

またある日は 次男も連れていかれて帰ってきませんでした 

 

そして残ったのは三男だけでした

父親は三男も教会へ連れて行きましたが 儀式の際に母親に庇われ 

母親は死んでしまいました

 

血に染まった祭壇にあった剣は見る見る形を変え おぞましい見た目に変わり

死んだ母親の子供の手元へと ふわりと飛んでいきました

三男はひかりを喪いました

 

 

おわり

 

 

 

■描く上で参考にしたもの

 

ダークソウルより    騎士アルトリウス

戦国BASARAより     お市 織田信長

ドラゴンズドグマより  マイアバター

フェダ・ドゥラン

名前:フェダ・ドゥラン

 

キャラデザイン・イメージ

お顔

 

棒デザ被ってたらソーリー(2023/12/3)

 

 

 

 

 

 

■身長179cm程 体重約64kg 誕生日 10月14日  右利き

性別 【男性】 戦闘【LvS-】 種族 【人間】

 

57歳(102年時)

所属【KnightRoad本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官】

 

 

異名『輝剣』

 

■剣術と魔法を巧みに扱う魔法剣士、落ち着きのある声で新兵たちを訓練する教官

異歴80年に結成されたナイツロードへその年から入団しており、団長のレッドリガ、幹部であるKOR(ナイツ・オブ・ラウンズ)との関りもそれなりにある。

 

 

■能力

 

□属性式(エレメント)『平民~帝級』

魔術の一種でフェダは自身の扱う武器に属性式を付与するのが主

もちろん魔法のみでの攻撃も可能で、夢のような戦闘スタイルを実現している

 

風の属性式で自身を俊敏にし、相手の懐に一気に斬りかかる

なんてことも出来たり

 

□法則式(システム)『初級~特級』

魔術の一種で先ほどの属性に縛られる属性式とは違い、こちらは「現象」を発生させ

戦況を一変させることが出来る、津波を起こしたり地割れを起こしたり出来る…はず

 

 

 

■人柄『理想的な優しい紳士おじさん』

 

感情をあまり表情には出さず言動や仕草共に悠々としている中年、数多の戦場を見て、聞き、感じ、生き抜いて来た

彼の落ち着きはそこから来ている

幼い頃に両親を亡くしており、家族を失って意気消沈だったフェダは自身を助け保護した獣族の養子となり、育てられた過去を持っている

 

この獣族が養親となることを抵抗なく受け入れることが出来たのは、彼の祖国が異種族に対しても友好的であったから。

力仕事は獣族などに、細かい作業は人間などに、とそれぞれの個性を尊重した役割分担を行っていた国だったからだ

その光景をフェダは産まれてからずっと家族と共に見てきたからなのもある

 

その為、異種族を差別することなく、寧ろ壁隔てなく親しく接している。

その評判から同ナイツロード団員の異種族(獣族や鱗人族等々)からの信頼も非常に厚い

 

彼は団員一人一人の名前や経歴も把握し、親しかった団員が死亡したりした場合は夜に静かに自室で黙祷を捧げたりするなど

情に熱い一面も持っている、これは過去に同胞を何人も失った経験から来ている

 

彼の剣術はあのKOR(ナイツ・オブ・ラウンズ)「イルヴァース・テオトランド」にも引けを取らない程の実力を持っている、更には魔術も扱うことができ

魔法剣士である彼から得られる知識はとても有意義な物であるに違いない

 

だがイルヴァースとの勝負はいつもギリギリで彼に敵わない、フェダ自身非常に歯痒い気持ちをたびたび味わっている

 

 

武装詳細

ヒルトブレード

彼が幼い頃から扱ってきた、手を守る大きな籠柄が特徴的

魔力を流しやすい素材を使っており、その波長の合わさり方は

まさに一心同体と言ってもいいほど

 

彼の安定した剣術はこの籠柄から来てるのではないかと団員ら訓練生に言われ、普通の柄の剣で戦ったがフェダを負かすことは誰も出来なかったという

 

鎚(ハンマー)にスペアの製造を依頼し、今ではKR本部や支部でも

同じ構造のモノが売られるようになっている、今は亡き祖国の剣

 

 

剣のイメージ

 

□軽鎧

動きやすい一般的な鎧、入団以前まで仕えていた国から貰ったものを現在まで愛用し続けている

目立った特徴は無いが、相手の攻撃を防ぐには十分な強度を持っている。

 

 

※イメージはまたその内

 

 

 

■形態

 

 

 

■趣味・嗜好

 

□特技:魔術 剣技 指導(子に教えていたから経験豊富) 教育(子育て経験あり)

 

 

□趣味:干物つくり(酒のつまみ用) 酒(ワイン) 魔道具製作(杖(ワンド)の研究室にお邪魔しながら) コーヒー(一から焙煎) 観葉植物

 

 

□好 :木々や水のせせらぎ 自然 海 動物 本 子供 コーヒー 誰かを支える事 真っ直ぐに自分の意見を述べる人物  ロネ 我が子

 

 

□嫌 :VICE 差別 子供の怯える声や仕草 薔薇 強要すること 逃げること

頑固で融通が利かない人物

 

■話し方

 

自分『わたし』『』

相手『あなた』『きみ』『おまえ(関係が深い人物に)』『きさま(敵意を持っている人物に)』

複数『あなた達』『きみたち』『きさまら(敵意を持っている人物に)』

 

 

話し方

「みな、おはよう」

「きみたちの健闘を祈ろう」

「少し老いたか?イルヴァース」

「私はおまえに全てを奪われた、あの日のことを忘れたことなど一時も無い」

 

 

■異暦

□45年(0歳):誕生

パンタシア界陸・ガルドーラの多種族が共存する王都の王子として産まれる

指導者であった父も母も財に溺れることなく、国民の事を考え、導いていた

その姿をフェダは見つつ成長する

 

 

□49年(4歳):魔法の才

ある日使用人らと自室で勉強中、魔法に関しての指導を受けていた

その際、屋外で魔法を実践する際に、幼くして属性式騎士級の魔術を唱えることに成功し、父からその才を褒められる

 

以降、魔法に強く関心を持つようになっていき、母にも背中を押され

幼いながらも魔術学校へ入学することとなり魔術の世界に触れていくことになる。

 

 

□50年(5歳):英雄戦争の始まり

魔術の才能を開花させていく、友達も何人か出来。

楽しく過ごすがこの年始まった「英雄戦争」、つまり「VICE」らとの戦いが激化する

五歳にして戦争というものを知り、収束を願う

 

 

□55年(10歳):英雄戦争終結へ、安堵

五年後のこの年、業の派閥の王「ゲドウィン・カルマー」が対VICE組織・英雄機関に倒され

英雄戦争が集結する、一時の平和を堪能しながら過ごしていく

 

 

 

 

□57年(12歳):魔術学校を首席卒業、そして両親との別れ、獣人との養親関係へ

 

◆異才とも称され、12歳で魔術学校を卒業する

卒業後は剣を学び始め、祖国を守るために鍛錬を積みつつ

山賊退治や今世の混乱に乗じた野党らを兵士らと共に成敗する

その様子から「輝剣」と呼ばれるようになる

※これは自身が剣に纏わせた魔術が強く輝いていたためそう呼ばれるようになった

 

そのため両親も彼の成長を喜び

「我が●●国に輝剣のフェダ在り!」と言われるほどに

親孝行もよくし、一家団欒が続くはずだった

 

 

◆同年、自身の祖国へ別国が宣戦布告、元々その国といざこざがあり(恐らく政治の方針の違い、また資源の取り合いなど)

フェダはわずか12歳にして初めての「戦」を経験することとなる、彼の今後の人生に大きく影響することにもなる

VICEが居なくなり平和が訪れると思いきや今度は人同士の争いに巻き込まれることとなる

 

そして戦争は激化する、敵国の戦力は凄まじく

兵戈槍攘(へいかそうじょう)という言葉が相応しい状況であった

 

我が国の獣族や魔族、両親を慕う者たちも必死に奮闘する、だが多勢に無勢であった。

そしてついにフェダにも戦う時が来る、そう身構えていた…が

一瞬で剣のはじく音が止み、途端に何かが軋む音と悲鳴が聞こえ始める、それと同時に無数の茨が城壁を覆った。

 

 

こじ開けられた城門からは一人の修道女が現れた、彼女は後に七劔となる

「ヴィス・ヴェルデ」であった

 

彼女はたった一人で大勢の敵国の兵、自国民を薔薇へと変えていたのだ

言い表せない敵意とおぞましさを感じつつ、身構えた兵士らと攻撃を仕掛けるフェダだったが彼女は微笑みながら、まるで踊るように

 

次々と兵士を薔薇へと変えていった

 

さっきまで話していた仲間たちが同胞が友が、花へと変わる姿を見て

フェダは動揺を隠すことなど出来なかった

 

怯えるフェダに優しく語りかけながら近寄ってくる「ヴィス・ヴェルデ」

すぐさま父が割って入り、フェダに告げる

「”今”は逃げなさい」と。

 

だが父を置いて逃げるなど、自身の騎士道精神が許す訳がなかった

しかしそれと反して震える腕と剣、この状態では足手まといになると冷静さを取り戻し考えたフェダは父の命に従い、涙を堪えながら…逃げた

 

 

 

 

 

・・・息が切れるほど走ったフェダはボーっとした意識の中

辿り着いたまた別国の門前で意識を失ってしまう

 

その倒れたフェダを巡回中であったその国の兵士らが発見し駆け寄る

そして彼を家で看病したのが養親となる猫の獣人らであった

後に寝室で目覚めたフェダは、自身を助けてくれたことに礼を言い

倒れた事情を話して協力を得る、彼らが飼っていた馬を借りて共に祖国へと戻る

 

 

だがそこには植物に、綺麗な薔薇の花に包まれた故郷の、祖国の姿があった、父の着ていた鎧に、母のネックレス。

自分の両親は、仲間たちは、殺されたのだと悟る。

 

泣き崩れ、自身の情けなさを悔やむフェダに猫の獣人は優しく寄り添う、しばらくして

「もし、君が良いなら、私の養子になってくれないか」と猫の獣人は提案をした

 

彼はフェダと同じ様に剣術と、獣族では珍しい魔術に卓越した一族でもあり

意中の獣人(同じ猫)と昨年ほどに結婚していたのだが

残念なことに病気で子を身籠ることが出来なかった、養護施設へも赴いたが

決めようにも決められず、今日まで迷っていたのだと聞く。

 

行先が無くなったフェダはその話を了承し、彼ら獣人の養子となり

獣人の養親に育てられることとなった

最初はぎこちない会話も日々を重ねるにつれて打ち解けていき

本当の家族の様になっていった。

 

 

 

 

 

□59年(14歳):妻、ロネとの出会い

 

壮絶な日を過ぎ、成長していくフェダ、ある日「養父」と共に近辺で悪さをする

山賊、野党の退治を請け負う、そしてその山賊らが面白半分でペットの様に首輪を付けられて飼われていた

狼の女獣人「ロネ(当時13歳)」発見する、怯える彼女に養父と共に語り掛け

彼女を保護した。

 

同じ世界の知的生命体であるのにも関わらず種族、容姿、文化が異なるだけで

何故ここまで酷い扱いが出来るのだと、静かに怒りを露わにした。

 

国の養護施設まで彼女を送り、幸せになることを願って別れを告げてその場を去ろうとした、その時。

寂しそうな顔のロネに手を掴まれ、フェダの自国に住んでいた獣族の住民であった事を話してきたのだ。

丁度滅ぼされる直前に必死に逃げ出した生き残りだったのだ。

 

そう、フェダは一国の王子であった。

パレード等の際に彼はよく出席していたのでその顔は祖国出身の人物であるなら何度も見ていたのだ

「”フェダ・ドゥラン”王子、ゴ無事でヨカッタです…」

自身の名をフルネームで覚えており、異種族に父がどれだけ慕われていたかを

実感することになった

そして不運なことに両親は先ほど退治した

山賊・野党らに殺されたのだという(フェダの住んでいた国が滅んだ際に乗じたのかもしれない)

放ってはおけないと判断した養父は彼女も家族に、養女として

迎え入れたいことをフェダへ話す、恐らくフェダの境遇と重ねたのだろう。

勿論断る理由などなく、フェダは養父の提案に賛同し、

嬉しそうに自身に抱き着いて来たロネは家族となった。

 

年下であった為、自分の妹の様に接し、仲睦まじくなっていく

そして後に二人は結ばれることになる

 

 

 

□63年(18歳):異種カップル誕生

 

成人して、実力もつき。幸せな生活を養親らと送る

職業は養父と共に「騎士(魔法剣士)」とし、お世話になっているその国の警備兵や護衛兵といった治安維持に勤めていた(この日までに数多の戦闘を経験している)

ある時には戦場を養父と共に駆け抜けたこともあった。

 

ある日、養親から話があると呼び出され、何か不祥事でもしてしまったのかと考えながらリビングへ向かう

なんと妹として接してきた養女「ロネ(当時17歳)」が自身に長年恋心を抱いていた事を告白してくる

(フェダの優しさ、本当の家族の様に接してくれた姿に惹かれていった)

養母はロネに前々から相談を受けていて、ロネは覚悟を決めてフェダに話してくれた

 

※一国の王子でもあったフェダを異種族である自身が好きであると

言う事などおこがましいと考えていたのかもしれない。

 

フェダは彼女のプロポーズを、覚悟を受け入れ養子同士だったロネの夫となる

これを機にしばらくしてから二人は養親の元を旅立つ

 

養親の住む国から少し離れた別の国の兵士として雇われることになり

そこへ移り住んで、新たな生活を歩み始める

周囲とも馴染みつつ、己を磨き戦火にも身を投じ、様々な戦いを生き抜き成長していく

 

 

 

□64年(19歳):ロネが子を宿す

 

新しく住む国での生活にも慣れていき。

妻のロネ(当時18歳)が子供を身籠る、それをフェダが知り合いらと祝った

(額をこすりあったり)

 

 

 

□65年(20歳):フェダの子が誕生

 

妻ロネ(当時19歳)が子を出産、とてもめでたい

その日は、これ以上に無い幸せを感じた

フェダの友人らも祝杯を上げた

 

 

 

フェダの住む国へVICEが襲撃、かつての異名「輝剣のフェダ」を再び知らしめる戦いとなり

多くの兵士らが奮闘する中

たった一人で大勢で押し寄せて来たVICEらを殲滅する、英雄機関らが駆け付けた頃には敵の屍の山が出来上がっていた

この戦果は、自身が仕える国の王の目に留まり、兵団を任せられることにもなる

 

後に英雄機関の者が先の戦いを制したフェダを勧誘しようと訪問するが、子が生まれたばかりのフェダは

「子が成人するまでは遠慮しておく」と言い、これを断る

以降は忙しい日々が続くがとても幸せに暮らす

 

 

□67年(22歳):新たな脅威

 

VICEの新たな派閥「魔」の派閥が襲来、魔の王「ハオウ」によって

リーベルタースの北の国土が消し飛ばされ、勧誘を受けていた英雄機関の本拠地も壊滅的な被害を受けたと聞く

 

更に『魔』以外の派閥も来襲し始め、より気を引き締めるようになる

各地でVICE絡みの事件も増えていき仕事が増えていくが

家族との時間をなにより大事にした

 

□72年(27歳):

VICEの新たな派閥「狂」の派閥が襲来、より混迷を極める

学校に通っていた7歳になるフェダの子供は、父の様に剣を持ってみんなを守りたいと話した、戸惑うフェダだったが自身もこの年頃に目標を決めたことを思い出し

 

独学ではあるが、剣と魔法を教え始める(兵士になるには幼すぎるから)

無論、子は学校で勉強もする

 

 

 

□77年(32歳):子の決意

12となった我が子が小学校を卒業する、自身が所属していた兵団へ訓練兵として加入する

同僚は歓迎し、その健気さから癒しとなった。

 

 

 

□80年(35歳):ナイツロードへ入団

 

剣を教えて続け、少しずつではあるが成長する我が子。

父としてはこれ以上に嬉しいことは無いであろう

そして訓練を重ね、軽い戦闘もこなせるようになった15歳となる我が子と戦場へと赴くことになったのだ。

 

内容は火急を要するものであり

以前迎撃したVICE、その『狂』の派閥の軍勢が

こちらに、自国へ向かって来ており、その戦力と真っ向からぶつかる事になるからだ

 

そして、その戦となるだあろう前日

会議室なる場所へ呼ばれるフェダ、入室すると

そこに居たのは風の噂となっていた、今年結成された傭兵団ナイツロード

その団長「レッドリガ」、そして

幹部であるKOR(ナイツ・オブ・ラウンズ)「ヴァレンティナ・クーツェン」が待っていた

 

どうやら王が彼らを雇ったようで幾日か待機をさせていたのだ。

 

しかし”まだ正式に雇った状態”ではなかった

フェダを席へと着かせ、レッドリガは交渉を持ちかけた

 

「我々が彼のVICEらを迎撃致しましょう、その代わりの対価として

「フェダ・ドゥラン」さん、あなたに是非私の団へと入団して頂きたいのです。」

 

そう、これが雇うための”要件”であった

王らも対応に困っており、それで対価として指名されたフェダが呼ばれることとなった。

不躾かつ急な要求にフェダは当然ながらこれを断る。

 

 

しかし団長レッドリガはそれを見越していたかの様に微笑み

「ではもし助けが必要になったのでしたら、これを」と語り

 

ヴァレンティナが上空へ魔法弾を発射する発煙筒なるものを渡してきたのだ

 

「あなたの戦闘技術はとても至妙です、ここに居るのは少々、勿体ないと私は思います」

「私の団は設立して間もなく、指導役が少々人手不足なもので、出来ればあなたのような方に新兵の育成をお願いしたいと思ったのですが、いかがでしょうか。」

 

 

レッドリガの丁寧な説得にしばしの沈黙の後、フェダは

 

「必要となったら使わせていただこう…だがもし必要でなくなれば先程の交渉は無かったことにしてもよろしいな?レッドリガ殿」

 

レッドリガは「ええ、それはもちろんです。その場合はあなた方の国が自力で解決したことになりますから。」

「我々が出る必要が無かった、と言う事にもなります」

 

彼はそう言い終えると

フェダは二人に頭を下げ、その場を後にした。

 

 

その日の夜、家族との時間を噛みしめた後、すぐさま子を引き連れて戦場となる地へと向かった

 

そしてそこに来たるはかつて祖国を滅ぼした、七劔となっていた

「ヴィス・ヴェルデ」改め

 

「翠萌劔ミストルティン」

 

そして同じく七劔「蒼瀑劔スヴェル」が軍勢を率いていた

フェダは瞬時に『また多くの者が殺される』と判断する

 

主に”あの女”「ミストルティン」の脅威をよく知っていたのもあるからだ

 

それを自身と同じく兵を統率している兵団長へ意見を述べるが

聞く耳などは持ってはくれず彼らは真正面から攻めるという無謀な戦闘を行った

 

フェダ達は横へと展開しつつ以前の経験を活かして応戦した、が

始まって早々にあの忌まわしい植物によって先ほど話した兵団長らの兵士らが薔薇へと変わる姿を見ることとなる、そして氷漬けにされるのも

 

フェダは過去の出来事がフラッシュバックしてしまうが心を落ち着かせ精神統一を何度もしつつ魔術なども用いて応戦する

 

…以前に比べて戦えるようにはなっているフェダだが、ふと自身に追従していた我が子へ振り向くと

強い恐怖心に囚われ身体が震えているのを見る。

 

そう、"以前の自分と全く同じ様に震えていた”

すぐさま危機感を感じて子を抱え、自身の兵士らに撤退の指示を出す。

当然、敵前逃亡でその国では重罪もいい所、ましてや自国へ進軍しているVICEに背を向け尻尾を巻いて逃げるなど、国を追放されるレベルだろう

 

だが周囲の戦況を見てもとても勝てるような

状況ではなく、それをようやく理解した他兵団長らも撤退を指示

 

「”また”逃げるのですね」と声を聞きつつも被害を抑えるためにフェダは自身の持てる力を出し切った

法則式に属性式、自身の剣術とありとあらゆる技術を彼らにぶつけた。

 

 

しかしこの時のフェダでは彼らに及ぶことは出来なかった。

万策尽き、万事休す。

だがフェダはふとレッドリガから預かっていた発煙筒を思い出し。

致し方なく使用。

 

空にまばゆい光がしばらく続いた後

 

そこに現れたのは、傭兵団ナイツロードの団長「レッドリガ」と

その幹部「ヴァレンティナ・クーツェン」であった

二人は一瞬のうちにして敵VICEらを迎撃した、七劔すらも凌駕する実力を目の当たりにしたのだ

 

団長レッドリガの予感は的中していたのだ、するとレッドリガは

こちらへ振り向き

「あなたの入団を歓迎しますよ、輝剣のフェダ・ドゥランさん」そう言い、手を差し出した

 

フェダはこうしてナイツロードへと入団することとなった

妻や子も同じように「入団という形の保護」をナイツロードが行い

彼は正式にナイツロードの団員となった

 

そしてリーベルタース、本拠地バルツン(後に支部となる)を中心にしばらく活動する。

とくに生活に支障は無く、ある程度生活に配慮などを受けつつ

最初は【KRバルツン本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』訓練科教官】として暮らしていく

 

まだ戦場経験の少ない新兵らの訓練を行いつつ、自身の剣術や魔術などの鍛錬、やりたいことなども出来、慣れていく

 

 

この後に「ユノ・フィコラス(当時24歳)」が入団してき

仲の良い友人となる

 

 

 

□83年(38歳)

子が18歳となり、成人する

自身のように剣士になりたいと宣言した通り、フェダの子供は彼と同じ魔法剣士となった

養父と共に戦場を駆けたように、今度はフェダとその子らと駆け巡る

 

そしてこの年、ナイツロードが絶の派閥の王を倒し拠点(後のKR本部)を制圧、改修し本部となり

家族皆、本部へと移住、生活していく

(ちょこっとパラレル:もしかしたらフェダも一緒に戦っていたのかもしれない)

 

この年から【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』訓練科教官】に配属される

 

 

□86年(41歳):ギレイグとの出会い

ユノがある日若い青年を連れて来た(強制)

名は「ギレイグ・ヴェード(当時18歳)」、弟子にすると言ってユノに愛でられていた

自身と性格が少し似ていた事にふと"面白い所だ、ここは本当に"と感じる

 

同時期「ディープ・デスクロウ」とも知り合う

 

 

□88年(43歳):

 

ギュルデン・エルサレフという者が入団してくる

ユノやギレイグが絡みに行っているらしいが、話し方的になかなか関わりずらい

 

 

 

□92年(47歳):イルヴァース・テオトランドとの出会い

 

KOR(ナイツ・オブ・ラウンド)に、幹部に選ばれたイルヴァース・テオトランドが入団してくる

歳が同じであるのにも関わらず幹部である点に少し対抗心を燃やし

 

手合わせを願う、団長のレッドリガからは「彼と戦っても、勝つのはイルヴァースだと思いますよ。フェダさん」

 

と言われたが聞く耳を持たずに挑む、結果僅か及ばずで負けてしまい

レッドリガの言葉を思い出し「なるほどな…」と納得する

 

 

 

□93年(48歳):ナジアとの出会い

 

マギーア界陸、ラグライア地方にて違法な奴隷獣人を使った研究施設の制圧を

ユノの知り合いでもあった依頼主である「ディープ・デスクロウ」から受ける

ユノが信頼できる団員として選んでいたのだ

 

同じ団員の「ユノ」「ギレイグ」等と共に

施設の制圧を請け負う、劣悪な環境に静かに怒りを露わにしつつ

研究員らを拘束する、抵抗した者は即座に切り伏せ奥へと進む、

そこには後にナイツロードへ入団する

「ナジア・シベール」が囚われていた

怯える姿に過去のロネと重ねたフェダは彼女を優しくなだめた

彼女は「ディープ・デスクロウ」に保護され、この一件は幕を閉じた

 

□96年(51歳):帰ってきた獣人

 

三年前にディープらが保護した「ナジア・シベール」がナイツロードへ入団してくる

その成長ぶりと笑顔に、自然と笑みがこぼれる

 

ギレイグが赴いた依頼で「ウォーネス・メルオデス」という獣人と恋に落ちたとユノから聞き

自身を訪ねてきたギレイグに獣人との接し方をアドバイスする(フェダの妻は狼の獣人なので)

これ以降もよく話をするようになる

 

恋愛相談

 

 

□98年(53歳):

ギレイグが依頼中に失踪し、なにか嫌な感じを覚えつつ

彼の生存を願う。ユノともギレイグのことで話をした

 

同時期に「ウォーネス・メルオデス」がナイツロードへと入団

強い良い女を持ったなギレイグ。早く彼氏さんが見つかるといいな

 

 

□99年(54歳):

ユノがVICEに追われていた人物を保護してきた

名は「ウォルター・アラトティス」、来訪者とも呼ばれる彼は異世界から来た人物だそう

また弟子にするなどと抜かし始めるがいつものこと。

 

 

□101年(56歳):予感的中

 

ウォルターがギレイグと交戦したと聞き、敵側に落ちていたのだと知る

アイツはそんな奴ではないと知っているので同時期に居なくなったギュルデンに操られているのだと確信する、生かしてはおけぬな

 

 

□102年(57歳):現在

 

 

 

 

□なにか更新予定

 

 

■交友関係(ざっくり)

 

◆ナイツロード

 

レヴィアタン・本部

 

●ギレイグ・ヴェード(作者:私)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 30歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『筋がいい友人』

86年にユノが連れてきてから長ーい友人関係を持つ

彼の扱う杭剣には少し惹かれるものがあり、彼の訓練を手伝いつつ

動作を見ていたりする

 

ウォーネスの事で話に来たりすることもあって、よく会う機会は多い

行方不明となってからは多少の心配はするが生きていると信じている

 

ギレイグ・ヴェード - ジヴァールさんのブログ

 

 

●ウォルター・アラトティス(作者:私)

性別:男性 種族【鱗人族(人と魚人ハーフ)】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

『愉快な友』

99年にユノが保護してきた青年、ハキハキと喋り、同じ獣人に対して

友好的な点も踏まえてなかなか面白い人物だと感じている

 

絵を描くらしく、妻の人物画製作をお願いしたこともある

そして自身の子も描いてくれたりした

 

 

 

 

 

ウォルター・アラトティス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●セレシア(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【魔族(本人談)】 年齢22歳(異歴102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『友人』

95年入団してきた魔族らしい人物、ユノとよく絡んでいる

手合わせをお願いされ、動きをみたが悪くはないなと思っている

感情も出やすく、自身に負かされる度に「あー!!」と大声で叫ぶ

 

イルヴァースにも挑んでいたらしく、何やら対抗心があるようだ

 

 

セレシアくんの設定はコチラ↓

セレシア【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●ウォーネス・メルオデス(作者:私)

性別:雌 種族【獣族(ボルゾイ)】 23歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』、英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

『友人』

98年に入団して来た獣人、剣術使いで訓練をしたこともある

忍耐力はなかなかで、技量も高く、伸びしろはまだあるなと思っている

ギレイグに惚れているらしく、真っすぐな者同士、惹かれ合う理由にも納得がいった

 

自身を「フェダ教官」と呼ぶほどに信頼されており、ナジア同様

育てがいのある子だとは思っている。

 

 

ウォーネス・メルオデス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●リゼリオ・ベラフシオ(作者:自分)

性別:男性 種族【竜族】 年齢25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

『訓練生、友人』

ウォーネスと共にKRへ入団してきた、竜族の青年

頭のキレはとても良く、一歩離れた感覚で立ち回っており

近遠ともに隙の無いなと感じている

 

彼から聞く機械の話は自身の魔道具制作に役立つものが多く、為になっている

ただ一度話始めると止まらなくなるため切り良く止めるタイミングを知っている

 

リゼリオ・ベラフシオ - ジヴァールさんのブログ

 

 

●RAIN(レイン) (作者:自分)

性別:女性 種族【機族】 年齢18歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

『友人』

リゼリオと共に居る機人の少女、リゼリオと機械系の話をしてくれる

機族なのもあって得られる観点も多く自身の魔道具制作に大いに貢献してくれている

 

たまにユノと絡んで踊っているのを見て、結構フリーダムな子なんだなとは思っている

 

 

RAIN(レイン) - ジヴァールさんのブログ

 

 

●ナジア・シベール(作者:自分)

性別:女性 種族【獣族(シベリアンハスキー)】 年齢25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官、臨時で『盾(シールド)』警備科護衛科】

〈同僚〉〈彼女を助けた〉

ユノの友人であったディープに頼まれた依頼を遂行しに行く際、その破壊・制圧目標だった施設に囚われていた獣人。

発見当初、自身がロネを見つけた時と情景が重なったこともあって

血のつながりは無いがとても気に掛けている。

 

96年にナイツロードへ入団して来た際の明るい笑顔を今でも覚えている

彼女の恩人でもあったため交流は多く、彼女は自身を

「フェダじいさま」と愛称で呼んでいる

 

 

ナジア・シベール - ジヴァールさんのブログ

 

●ラナ・ピラーラ(作者:自分)

性別:女性 種族【魔族】 年齢14歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『杖(ワンド)』】

〈良い子〉〈心配〉

家族を探してここ、ナイツロードへ祖母と入団してという魔族の少女

魔法に関しては自身をも凌ぐ力を秘め、大事に育てねばなと考えている

 

 

 

 

ラナ・ピラーラ - ジヴァールさんのブログ

 

 

 

●エレク・ペアルトス(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 17歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』分隊「ブレイカー」/戦闘部隊『剣(セイバー)』特務課分隊デュランダル」】

『友人』

トレックが亡くなってすぐに入ってきた新人

筋は良いがちょっと若い所が見える、たまに稽古をしたり

一緒に仕事をすることがある、彼の生き方を見ているとトレックを思い出し

懐かしい感情が込み上げてくることがある

 

イルヴァースに厳しい訓練を受けている所を目撃し、それに負けじと喰らいついている所には素晴らしい根性を持っているなと思っている。

 

 

 

 

 

●ライリー・テルテス(作者:松吉さん)

性別:男性 種族【獣族(ケモ耳)】

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『友人』

ウォルターがやたら可愛がっている獣族の少年、彼を見ていると自身の子供を思い出すので愛着は非常にある、自身が作っている干し肉をあげたり

彼の訓練を行ったり、懐かしさを感じつつある意味我が子の様にも思っている節がある。

 

 

ライリーくんの設定はコチラ↓

 

キャラ設定 ライリー - 創作キャラ 設定資料

 

 

 

●ベルベット・ブラート(作者:磁石さん)

性別:男 種族【ゴーレム】 25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『伸びる友人』

研究室で魔道具の開発に悩んでいたところ、彼の指摘によって無事に完成したことがある

それ以降よく彼と話をしたりして刺激を得ている

何と言っても気になっているのは彼の身体やその魔法、どういう仕組みか気になっており

彼を産み出した存在も気になっていたりする

 

独特な動きで笑いを誘ったり、伸びる体で高所の物を取ったりと便利そうだと感じている

 

ベルベットくんの設定はコチラ↓

ベルベット 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

 

●レルムヴァート(作者:Y.o.Uさん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

『友人・昔の自分を思い出す』『教え子』

 

ウォルターがマギーア界陸、ラグライアで連れ帰ってきたまるで花のような美青年

立ち回りも自身と似た動きをしており、育てがいのある団員だと思っている

気になることがあれば、真っ直ぐに自分に問いかけてき、フェダ自身も

昔の我が子を見ているようで親近感を覚えていたりする。

 

 

たまにウォルター達と共に休日を過ごしている時、髪の色が同じなせいか

家族と間違われることがある

 

 

レルムくんの設定はコチラ↓

レルム(ユースティア) – 生湯葉バース

 

 

●フィリアス・ミューレイド(影さん)

性別:女性 種族【人間】 23歳

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官兼部隊長副官、戦闘部隊『槍(ランス)』分隊G-Clef」隊長】

『友人』『不安』

凛とした佇まいの騎士の家系の人物、若くして指導力もあり

期待の人材であったが、彼女と交流が深かった者が亡くなった際酷く落ち込んでいた

だが持ち直してくれている、そんな彼女を支えたいとも考えており

何かあったら相談に乗ると声を掛けていたりする

 

 

 

●ジョニー・ベルペッパー(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間】 27歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『』訓練科教官】

『同僚、食事摂ってるか?』

四肢が機械の同僚、実力はあるのだが如何せん覇気を感じれない

 

四肢の話が気になって聞いてみたが濁すように避ける

 

 

 

 

●トレック・アットルース(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:男性 種族【獣族(半獣人)】 年齢18歳(100年故) 

『友人で良い逸材だった』

明るく、元気で熱血心のある青年だった、手合わせをしたこともあり

期待の新人でもあった、しかし異歴100年に大規模作戦中に亡くなる

 

若い者だけが死んでいくのは…堪えるな…

彼は逃げなかったのか、私は…臆病者だろうか。

 

 

 

●イルヴァース・テオトランド(作者:うまそうす騎士丼す)

性別:男性 種族【人間】 年齢57歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『』訓練科.教官】

『同僚』『ちょっとライバル視』

 

殲剣の異名で聞いていた自身と歳が同じの老兵、一度剣を交えたことがあったが惜しくも彼に負ける。

異名は伊達ではないなと感じた

 

なにか困ったことがあれば互いに助け合う関係ではあるが、基本彼は自己解決しがち

早朝に訓練に勤しんでいる彼を見、あの力は日々の小さな積み重ねから来ているのだなと彼の実力を再認識した

 

軽く何かを言い合ったりする仲

 

 

 

●レッドリガ(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:男性 種族【人間】年齢?

所属【KR・団長】

『主君』『忠誠』

 

ナイツロードへと入団するきっかけとなったナイツロードの設立者、何を考えているのだと当初は何度も思ったが

80年の戦争の際、追い込まれた時に自身と自身の子らを助けた恩もあり

102年の今でも団員のままでいる

 

何年か後、何故自身を入団させたのかという問いに彼は雲を掴むような話をし

全く分からなかった

「運命は彼らを求めているのですから」

 

 

●ヴァレンティナ・クーツェン(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:女性 種族【魔族】 年齢453歳(102年時)

所属【KR幹部・KOR(ナイツ・オブ・ラウンズ)】

『恩人』

80年の戦争の際に、レッドリガと共に現れたメイド服の魔族

レッドリガ同様、窮地を救ってくれた恩もあり、話す機会は多い

 

レインもたまに会話に入ってくることがあり、どうやら彼女からメイドの作法を学んでいるらしい

 

 

 

●アルダ・エルヴァイン(作者:泡沫さん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』分隊リベリオン」】

〈知り合い〉〈訓練生〉

 

98年に、イルヴァースが拘束して来た青年

気が強く、表情も顔に出ずらいので何か抱え込んでいないか心配になるときはある

これは自身の子で経験したことから。なのでたまにそれとなーく褒めたりしている

 

トレックが試験官となった入団試験の戦いを見ており、レルム同様

能力の応用力に伸びしろを感じており、大切に指導したいと思っている

 

 

アルダくんの設定はコチラ↓

アルダ 設定 - Spica

 

 

 

 

 

●エクス・イグナイト(作者:Frogさん)

 性別:男性 種族【人間】 年齢15歳(101年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】 

〈訓練生〉〈教え子〉〈危なっかしい〉

 自身の訓練に参加していた若き傭兵、戦い方に非常に関心を持たれ

それを教えている。

少々いじっぱりな性格が戦闘にも出ており、深い傷なのにも関わらずそれを我慢し、戦闘を継続しようとしていた所を見たこともある

 それ故、早死にさせないよう気に掛けてはいる。

 

非常時ではあったが彼の義手が壊れた際に修理したこともある

フェダは魔道具の制作も趣味として行っており

そのおかげで機械いじりはそれなりにではあるが得意であったから。

 

関係としては先生と人懐っこい生徒、と言うべきだろうか

 

エクス・イグナイト キャラシート - カエルのゴミ箱

 

 

 

●ルスベ・アルデス(作者:ゼロさん)

性別:男性 種族【人間】 年齢18歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』※配属先は自分の予想】

〈教え子〉〈訓練生〉 

101年に入団して来た、自身が担当した若き新兵の一人

彼の訓練に対しての熱意をしっかり見て感じており、また戦闘時の非常に落ち着いた立ち回りに才気を見出している

強い正義感もあるのだが、相手の命乞いを受けて隙を突かれそうになったことが

あった。

なので相手の心情を見抜けるようにも指導を行っている

 

 

 

ルスべ・アルデス - 雑置き場

 

 

 

 

●龍真(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【人間?】 年齢:忘れたらしい

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』訓練科教官】

〈同僚〉〈友人〉

異歴80年、同時期に入団して来たなかなか筋肉のある男

訓練や戦闘を行うが穏やかな口調、甘い物、パフェを食べてる所を見

彼と同じ席に座り一緒の物を頼んだことがある。

 

訓練時によく会うため友人としても関係が長く

お互い良い刺激を受けながら新兵らに指導を行っている

 

彼の設定はコチラ↓↓

龍真【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●阿嘉松 不堂(あかまつ ふどう)(作者:コネクトさん)

性別:男性 種族【人間】 年齢41歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』訓練科教官】

〈同僚〉〈後輩〉〈友人〉

自身が入団した3年後の異歴83年に入団して来た、彼の訓練を行ったことがあり

 武芸百般の異名に聞く通り、日々様々な武器を使って戦っていた

入団した頃で既に成人していたので軽く酒を飲み合ったこともある

よき友である。

 

阿嘉松 不堂 キャラ設定 - コネクトの雑記スペース

 

 

 

 

 

●シープ(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【羊(獣人じゃないひつじ)】 年齢17歳(実年齢47歳/102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『盾(シールド)』警備科】

『知り合い』

99年本部にやって来た、羊…?

独特な見た目に困惑するも能力の防御性の高さを見、素晴らしい逸材だと歓迎する

 

妻と娘がいるらしく、父親同士で話をしたりすることも…?

 

 

シープさんの設定はコチラ↓

シープ【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●マミ・シェイファー 

性別:女性 種族【人間】 44歳(102年時)

所属【KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』】

『いつもありがとう』

お世話になってる薬(メディシン)の医者、シープの妻らしく仲良くしている

世間話や、最近の流行、ホントにそんな感じに話す

 

 

 

●ノノ・シェイファー(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【人族】 年齢21歳(102年時)

所属【KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』】

『昔の我が子を思い出す』

 

同じくお世話になっている薬(メディシンの)医者、シープとマミの娘

昔の自分の子を思い出し、少し情が入ることがある

 

 

 

ノノさんの設定はコチラ↓

ノノ・シェイファー【KR】(verユースティア) - window_smash’s blog

 

 

◇ゲオメトリア・テリナ支部

 

●リーマ・オールウェイズ

性別:男性 種族【人間】 49歳(102年時) 

所属【KRテリナ支部・支援部隊『馬(ホース)』】

 

 

 

 

 リーマさんの設定はコチラ↓

リーマ・オールウェイズ【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

●シェルト・セレスチアル(作者:自分)

性別:女性(中身男性) 種族【機族(サイボーグ)】 年齢30歳(102年時)

所属【ゲオメトリア・KRテリナ支部:戦闘部隊『槍(ランス)』】

〈知り合い〉

93年にユノと共に向かった任務で出会った、それから長く関係が続いている一人

少々言動が支離滅裂で困惑はしたが、今では慣れつつある。

 

「ナジア」救出の際、彼女の能力を高く評価したユノ、ギレイグと共にナイツロードへと勧誘した

 

 

 

 

●(まだ名の無い・もしくは出会ってはいるけど絡み考え中の)団員、訓練生のみなさん

〈仲間〉

みな素晴らしい個性を持っており、その長所を伸ばしてほしいと考えてはいる

少々乱暴な輩に、多少倫理観が欠如してる輩もいるが

しっかり実力を出せるように訓練はしているつもり、1日でも長く生きて世界の、自身の為に戦ってほしい

 

 

 

◆英雄機関

 

●エゼルル・アンフェール(作者:影さん)

性別:男性 種族【獣族(雪豹)】 年齢36歳(102年時)

所属【英雄機関・世界英雄_リーベルタース配属】

〈知り合い〉

自由都市バルツンにて偶然出会った背の低い獣人、だがその身の丈に合わない太刀を持っていることでただモノではないことは直ぐに分かった

それは蒼豹のエゼルルと前に聞いたことがあったため。

 

偶然出会った際は軽い挨拶をした程度でその顔を拝むしかできなかったが

その気配からは強者ゆえの余裕を感じた。

 

●シュトラ(作者:影さん)

性別:男性 種族【人族】

 

 

 

◆VICE

 

◇死の派閥

 

●ギュルデン・エルサレフ(作者:私)

性別:男性 種族【人族】 年齢49歳(103年時故)

所属【元KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』/98年以降VICE・死の派閥研究員】

『失望』

団長が直々に杭を打ち込んだのにも関わらず、己の欲求に従い

友を欺いた卑劣な輩。

ディープらが追っており、そのうち事切れるであろうと考えている

自己解決ならまだしも、他人を巻き込むのはおかしいと常々彼の行動をみて思う

 

 

 

ギュルデン・エルサレフ - ジヴァールさんのブログ

 

 

◇魔の派閥

 

シャーミン・バイテ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【鱗人(人ハーフ)】 年齢19歳(102年時)

『』

 

 

彼女の設定はコチラ↓

シャーミン・バイテ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

◇狂の派閥

 

●ヴィス・ヴェルデ(作者:あそさん)

性別:女性 種族【人間】 年齢不明

所属【VICE・狂の派閥:七劔「翠萌劔ミストルティン」】

〈祖国と両親の仇〉

 

57年の隣国との戦いの際にその敵国、そして祖国、自身の両親を殺した罪深き女

「愛」という言葉を履き違えた行動理念に非常に強く拒絶している

 

80年の戦いの際には再び相まみえ、12の年で出会った時から姿が一切変わっていない事に非常に驚愕した。

その時は以前よりも戦えてはいたが、以前よりもより歪み捻じ曲がった思想になっており

フェダは沸々と煮えたぎる怒りを露わにした。

 

あの戦いの後も討つことを諦めておらず、必ず自らの手で殺すと決めている。

 

 

 

●クロノ・ファンジル(作者:磁石さん)

性別:男性 種族【人間】 年齢不明

所属【VICE・狂の派閥:七劔「蒼瀑劔スヴェル」】

〈思想危険視〉〈憐れみ〉

80年の戦いの際敵側で兵士らの指揮をとっていた、的確な指示にその鎧から来る威圧感。

全てが鮮明に刻まれている、彼と対峙した際に語った

「暴力と恐怖による平和」に酷く悪寒を覚えた記憶があり、一国の王子でもあった

フェダは咄嗟に「そこにあるものは平和ではない、貴様のしようとしていることは支配だ。」と反論している

 

しかし、そんなマッチの火のような言葉では彼の凍り切った心を溶かすことはできない。同じ騎士として彼の心を正そうとは試みてはいる。

 

 

彼の設定はコチラ↓

スヴェル 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

 

◆その他

 

●ディープ・デスクロウ(作者:私)

性別:雄 種族【獣族(アフガンハウンド)】 年齢41歳(102年時)

所属【メラニオン】

『友人』

ユノと対照的な黒い獣人、ある組織のリーダーらしく

ナイツロード側もその情報網に助けられることもあるので感謝している。

 

ナジアが囚われていた研究施設の制圧の際に、彼の動きを見ていたがまるで倍速にしたような俊敏な動きに、自身の魔道具研究の刺激になった

 

 

 

ディープ・デスクロウ - ジヴァールさんのブログ

 

ロネ(作者:自分)

性別:女性 種族【獣族(オオカミ)】 年齢56歳(102年時)

〈愛しき妻〉〈最愛〉

山賊に囚われていた彼女を助け、以降養子として共に過ごし。

63年に彼女の心境を知り、養子同士で結婚した。

幾何日も同じ屋根の下で共にしたのもあり、互いのことは知りに知り尽くしていおりとても濃密な関係。

 

少し疲れた時などに彼女に抱擁されるのは至福の時間だと今でもフェダは感じている。

それは102年になっても衰えることは無い

 

2024/1/23追記

 

 

 

 ●クェイ・ツァンロン(作者:Y.o.Uさん)

性別:女性 種族【魔族】 年齢不詳

〈知り合い〉

ユノと任務を終え帰還中に出会った「カッカッカッ!」と独特な笑い方をする女

威風堂々としており、手合わせを申し込まれたので対峙。

ユノの時と同じく勝負がつかなかった。

 

それ以降向こうから勝手に友と呼ばれている。

 

2024/1/23追記

クェイ – 生湯葉バース

 

 

 

●なにかあったら追加 というか絡んでくれたら絡む

 

 

 

 

ちょっと小話、曖昧な設定話

 

■名前の由来

インド神話リグ・ヴェーダ」と「水(アプ)」

それと太刀魚の学名Trichiurus.lepturus(トリキウス・レプトゥルス)から

 

魔剣士→剣→剣っぽい魚→太刀魚かカジキ で決めた

 

 

■彼の誕生日

10月14日はタチウオが誕生魚だったのでこの日にしました

ちなみに魚言葉は「おやつ300円以内」です

 

 

■フェダの祖国

フェダの産まれた国は多種族が暮らす王都であった

混沌の世のさなか、互いに助け合う心を持っていた

これはフェダの祖先の努力の結晶でもあり、理想的なあるべき国であった

 

 

 

■フェダの家族

フェダは結婚しており

妻は狼の獣人の「ロネ」という人物、イメージは出来上がってるのでまたその内

彼女もナイツロードへ入団しており戦闘は得意ではない為、支援部隊の方に配属されるか、もしくは入団している団員の関係者、家族が住める場所があるならば

そこで生活をしている。本部の居住区とかでフェダの帰りを毎日待っているのかもしれない

 

子供らはまだ曖昧な設定ではあるが、父フェダと同じ魔法剣士、ナイツロードに入団しており依頼をこなしている

 

ケモミミ、メスケモ、オスケモ、多分全員遠い未来出るかもしれない

まぁ記憶の片隅に置いておいてください。

 

イメージが出来たので置いとく

↓ロネ(14くらい?)、いつものごとく豊満です。

 

 

↓ベッドでの一夜前

右は若かりし頃のフェダ的な

 

↓56歳(102年時)、ラブラブ夫婦です。

 

 

↓息子と娘が二人(もう一人はケモミミ)

長男は結婚して子供いると思う。

父と似た魔法剣士、同じ団員です

 

その次に産まれた長女は独身

男勝り?的なところがありますがしっかり女心もあります

クロー系の武器で戦います

 

 

もう一人はケモミミ

魔法使いにしようかと思います

 



2024/1/23追加
 

 

 

■没設定たち(見返して「?」どういうこと??って自分でなったやつ)

 

そう、実は裏ではある取引が行なわれていた、自身の国へと迫るVICEの「迎撃」、追い返すことを条件に

レッドリガは輝剣の異名を持っていた「フェダ・ドゥラン」をナイツロードへと一定年数入団させるのを条件に提示していたのだ

(一定年数の期間を過ぎれば本人の意思で団を脱退、また仕えていた国に戻れるように)

 

●フェダを要求したその理由は戦力増強や、技術を高く評価し今後のナイツロードに大いに貢献してくれるのではないかと考えたから(っていう感じ)

 

一悶着はあったが、国はその要求を受け入れ、フェダは国に売られることとなった。

拒否権は無く、従わなければ国から罰を受けると踏んだり蹴ったりな状況になり

その流れでナイツロードへ半ば強制的に入団することとなった

 

 

期間は約3年ほど、それを過ぎれば国に戻るかナイツロードへ留まるかを選択できた

異歴80年にフェダはその年設立した傭兵団ナイツロードへ入団させられることに

なります

フェダが仕えていた国は自身の兵力では不安と考え、他の国や傭兵にも救援要請を出していた

英雄機関や、ナイツロードにも当然その話は来る

 

ナイツロード団長である「レッドリガ」は

輝剣の異名で知られていた「フェダ・ドゥラン」を知っており

彼の能力に目を付けました

 

救援を出した国へ攻め来るVICE・狂の派閥の軍と対峙し「迎撃」を約束し、その対価として「フェダを一定年数、自身が設立した傭兵団ナイツロードへ入団させる」という条件を提示した

その国のお偉いさん達もフェダの経歴や、素性を知っており

悩みに悩んでその条件を吞む

 

※何を考えているか分からないかつ、悠然堂々とするレッドリガさんなら

先の事も読み、こんなこともしたんじゃないかなと思う。

 

フェダは最初こそ仕えていた国へと帰ろうとしていたが

「住めば都」、ナイツロードにすっかり住み慣れて

一定年数を過ぎても入団を続けている、家族も楽しそうだったからかもしれない

 

※っていう設定にしようとしたんですがレッドリガさんがそういうことするかな?

と思ったのと、絶対挨拶くらいはするだろ・・・と考えたのもありこれはボツに。

 

 

■没にした異歴設定

59年(14歳):両親との別れ、獣人との養親関係へ

自国へVICEが進行、新たに現れた一派閥である狂の派閥が攻めて来たのだ

その中には狂の王ラグナロクから剣を賜った一人

 

蒼瀑劔・スヴェルの姿があった

次々に氷漬けにされていく仲間や友人兵士たち、そしてついに城の中にまで攻め入られ危機を感じた父は母を先に安全な場所へと避難させていた

 

ついに目前に迫ったスヴェルにまだ幼かったフェダには傷すらつけられなかった、そこへ父が間一髪の所で割って入り

 

フェダに逃げるよう指示を出す、父を置いて逃げる事など出来るはずもなく

悪あがきで父と共に抵抗しようとする。

 

だが七劔の強さは父すら凌駕し、父は目の前でスヴェルの手によって氷漬けにされて粉々にされる

眼前の光景は14歳のフェダにはとても受け入れられない現実であった

絶望し、泣くことしかできなかった、何のためにここまで強くなったんだと自分を否定した

 

だがフェダに仕えていた兵士の声で正気を取り戻し

その場を必死の思いで逃げる

「後ろは振り向かないで下さい!あなたは前だけをお向き下さい!!フェダ坊ちゃま!!!」

それが兵士らの最後の言葉であった

高野まで逃げ、やっとの思いで振り返れば

 

 

氷漬けにされた祖国があった

安全な場所へと避難していた母と合流しようとしたが、スヴェルに行き先を読まれ

たどり着いたころには母たちは氷の欠片となっていた

 

 

一夜にして全てを失ったのだ、想像を絶する心情

フェダはこの日を57歳の今になっても悔やんでいる

 

 

※没にした理由は狂の派閥の来襲が異歴72年だったため、59年だとおかしくなっちゃうから

 

 

 

 

 

 

■描く上で参考にした人物、イメージ

 

タチウオ

 

ドラッグオンドラグーンより カイム(剣のデザイン)

 

鋼の錬金術師より キング・ブラッドレイ(ビジュアル)

 

戦国BASARAより 松永久秀 

ラナ・ピラーラ

名前:ラナ・ピラーラ

 

キャラデザイン・イメージ

 

 

棒デザ↓




 

 

 

 

■身長約156cm 体重約54kg 誕生日 3月26日  両利き

性別【女性】 戦闘【LvB-】 種族【魔族】

 

14歳(102年時)

所属【KnightRoad本部・戦闘部隊『杖(ワンド)』】

 

 

異名『幼魔

 

 

 

■幼きながらも戦場に立てるほどの実力と魔力を持っている魔族の少女

魔術に対してとても適性が高く、14歳であるのにも関わらず

属性式帝級、法則式上級をマスターしている

属性式の一撃で敵を消し炭にし、法則式で状況を覆す

 

これはかつて魔術師であったラナの祖母の教えの賜物

「両親と姉妹を探す」為に各地で活動している傭兵団ナイツロードへ入団した

 

 

■能力

 

□属性式(エレメント)【平民~帝級まで】

ウルティマ、魔法とも言われる

その全帝級まで彼女は扱える

ランクで表すとS、相当な威力を誇る

これは元々あった素質を更に伸ばしたもの、序の口に過ぎない

 

因みに属性式(エレメント)は

神級   EX-~

帝級   S~

王級   A~

騎士級  B~

兵士級  C~

平民級  D~

まで存在している

 

 

 

 

□法則式(システム)【初級から上級まで】

現象を分析して、それを再現する。 魔法

 

ちなみに

超級EX-~

特級S~

上級A~

中級B~

下級C~

初級D~

 

と階級が存在している、2023/11/17の自分はまだこの法則式について詳しく理解できていないが

「雷を意図的に発生させる雲」とか「光を収束させて光線のようにする」とか

多分そんな感じ

 

□歌唱式(レゾナンス)

声に魔力を宿して発する事で、世界に呼びかける魔術の一種

破壊、守護、治癒と様々、単語を覚えて歌うだけで詠唱が可能で汎用性は高いが

敵地のど真ん中でこれをしようものなら、声を出して目立つため真っ先に狙われる

 

なので姿などを消してから歌うことをお勧めする

 

 

※ちなみにこの歌唱式(レゾナンズ)は私が考えてみた魔術

ユースティアの世界観にも馴染むような名前にしました

 

 

 

■人柄『天才魔法少女

おとなしいけど好奇心旺盛な思春期少女、興味のあることには時間を忘れる位にのめり込んでおり「魔術」がその一つ、子供の時から沢山の魔導書を読破してきた彼女は大人数でやるような魔術も両手で唱えることができてしまう

 

前に書いてあるように、魔術(魔法)が大好きで

日々、様々な魔術の検証などを行っている、たまに他の団員らを巻き込んでしまうことも…

 

彼女の存在は居るだけで癒しと思っている団員らも少なくはなく

魔法の技術面のほかにも、団員らの精神安定にも貢献している。

 

 

 

 

 

 

武装詳細

 

ルルドの杖

ラナが自作した、彼女専用のワンド

まだ成熟していない自身の身体の補助を目的とした杖で

上位の魔法を放つ際に体力の消耗を抑えてくれる

 

デザインはなんとウォルターが行っている

その経緯は「絵がうまいからかわいい杖を考えてくれるに違いないです!」と

単純なもの

 

杖のイメージ↓

 

 

 

 

□ローブ

ラナが戦闘時に着ている紺色の衣、

防寒性を兼ね備えており、寒い地方での活動でも問題なし

通気性があるローブもある

 

ローブのデザイン 、シャチがモデル

 

 

 

 

■形態

□なし

 

 

 

■趣味・嗜好

 

□特技:魔道具つくり 魔術解析 詠唱乗っ取り 

 

 

□趣味:読書(主に魔導書) 歌う(一人でこっそり) 

 

 

□好 :家族 魔術 魚(泳いでいるの) 綺麗なもの 木漏れ日 肉料理 水族館

 

 

□嫌 :争い 不気味なもの 野菜料理 

 

 

■話し方

 

自分『わたし』『ラナ』

相手『あなた』『』

複数『あなた達』『』

 

 

■異歴

□88年(0歳):別れ

父は魔剣士、母は魔術師の家系でラグライア地方の村で産まれる

祖母や祖父も彼女の誕生を祝いにやってきてその日はとても賑やかであった

 

しかしある日。なんの布告もなしに隣国同士の戦闘が勃発

自身が産まれた村がその丁度戦闘の中心になりそうになり、村の人々は避難することになる

幾人かは戦いに巻き込まれ、命を落とした

 

祖母は娘に頼まれ、先に孫のラナと荷物を抱えてなんとか戦火を潜り抜ける、

だが娘らの姿は現れず、不安を抱きながら近くの街で待機していた

すぐさま何者かが差し向けた追手に追われ、逃げることに

行きついたのは魔物も居る森の中、ラナは自然豊かな森の中で生活することになる

 

 

産まれてすぐなのにも関わらず宙を浮く魔法を発現し

祖母を驚かせた、彼女の魔法の才に気づき、優しく指導していき

 

優しい子に育っていく

 

 

□94年(6歳):驚きの成長

着々と魔術を極めていく、この年で属性式や法則式の基礎を軽くこなせるように

軽い薬も作れたりするようのもなる

 

ある日、街へ買い物に出かけている時にナイツロードの広告チラシを見つける

祖母にそれを尋ねると、傭兵(ようへい)っていう仕事をする人達が行く場所らしい

 

 

 

 

 

□100年(12歳):ナイツロードへ

祖母と共に自身が産まれた村へ向かった、そこはもはや村と呼ぶにはあまりにも悲惨な場所となっていた

 

あの日から12年経ち、木々や草が生えているが

焼け焦げた家屋の跡が痛々しく残っている。

 

なんとか自身の家の跡を見つけ遺品を探す、そして見つけたのは

家族の写真であった、祖母に「家族は行方が分からないこと」と「あなた(ラナ)が双子である」ことを告げられる

祖母は嘘をついていたのだ

「両親はとても遠い所に居て会えないから面倒をみていたのよ」

 

優しい嘘、ラナは祖母の心情を12歳ながら感じ取り。

行方が分からない家族らを探すと決意する。

 

その話を聞きラナと祖母は昔貼り紙で見た傭兵団ナイツロードのパンタシア・ガルドーラ支部へと向かい2人で入団することに

 

各地へ赴く傭兵団であるならばラナの家族を知っている者と出会えるかもしれないと考えたからだ

ラナとラナの祖母は培ってきた魔導技術などの知識を活かし、最初は「ガルドーラ支部・戦闘部隊『杖(ワンド)』訓練課」に所属して

 小さなおつかいから、大きな仕事も先輩団員らに協力してもらいながら

経験を積んでいく。

 

 

□101年(13歳):本部・レヴィアタン

戦績が本部の目に留まり、ラナはKRレヴィアタン本部・戦闘部隊『杖』へ配属されることになった

保護者でもあった祖母は一緒に向かうことになる(祖母はガルドーラ支部配属のまま)

 

緊張と心配で押しつぶされそうになるが、本部で出会った

「ナジア・シベール(当時24歳)」「ウォーネス・メルオデス(当時22歳)」や「フェダ・ドゥラン(当時56歳)」らが彼女を迎え入れてくれたことで緊張が晴れた

 

ラナの祖母はガルドーラ支部配属の団員であったが、ラナがいじめられないか見守る為しばらく本部で活動した後、楽しそうに微笑むラナの姿に安堵し、親しく接してくれたナジアらに孫を託して再びパンタシア・ガルドーラ支部へ戻った

 

 

 

□102年(14歳):現在

 

 

 

 

□なにか更新予定

 

 

■交友関係(ざっくり)

 

◆ナイツロード

 

●ギレイグ・ヴェード(作者:私)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 30歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『どんな人だろう』

 

ウォーネスやナジア、ユノ達から聞く人物の名前

早く会えるといいなぁと思いつつ日々を送る

 

 

ギレイグ・ヴェード - ジヴァールさんのブログ

 

 

●ウォルター・アラトティス(作者:私)

性別:男性 種族【鱗人族(人と魚人ハーフ)】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

『綺麗な優しい元気な人』

101年の本部で出会った青髪の長髪の美人さん

来訪者?らしく、自身の知らない世界の話、生き物の話を絵で描いて教えてくれる

優しいお兄さん、戦う時も自身の周りを水の壁を展開しながらと

紳士的なところも好きでいる。

 

ただ半獣人(ケモミミ)を見るや否や発狂して彼らを追いかけ回す時は若干ではあるが

「あわわ…」と思ってしまう

 

 

ウォルター・アラトティス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●セレシア(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【魔族(本人談)】 年齢22歳(異歴102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『マヌケ先輩』

本部で出会った自身より先に入団していた95年入団の魔族らしい子

ナジアがよくつるんで依頼へ赴いたりするのでよく会う、何も考えず特攻したり

先輩として頑張ろうとはしているのはわかるけど無理はしないで欲しいなと思っている

その話をユノとナジアに聞かれ、セレシアに対し「年下に心配されてるぞお前wwww」

となったことも

 

 

セレシアくんの設定はコチラ↓

セレシア【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●ウォーネス・メルオデス(作者:私)

性別:雌 種族【獣族(ボルゾイ)】 23歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

『だいすきなおっきいお姉さん』

自身が101年に本部へ異動した際、色々と教えてくれたお姉さん

一緒に買い物をしたり、彼女の髪の毛を櫛でほぐしてあげたりもした

とても親密な仲。

 

大きくてその…元気な体を見て自身もこんな体型になるのかなと少し悩んでいたりする

でもそんなことは無いよと力強く言ってくれるのでそれが支えになっている

 

 

 

 

ウォーネス・メルオデス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●ナジア・シベール(作者:自分)

性別:女性 種族【獣族(シベリアンハスキー)】 年齢25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官、臨時で『盾(シールド)』】

『だいすきなお姉さん』

101年に入団した際に施設内を案内してくれた優しい獣人

よく一緒に遊んでくれたりと種族は違えど姉の様に慕っている

 

家族探しにも協力してくれて至れり尽くせりな存在

 

 

 

●フェダ・ドゥラン(作者:自分)

性別:男性 種族【人族】 年齢57歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』訓練科:教官】

〈親切なおじいさん〉

本部へ異動した際にナジアやウォーネスと同じ様に親切にしてくれたおじいさん

自身の魔術を褒めてくれたりして親戚のおじさん感を覚える 

彼と共に依頼に赴いた際、お孫さんですか?と聞かれたことがあり

少し笑い話になった

 

だが戦闘時のあの凛とした表情はたくさんの戦場を生き抜いて来たんだろうなと思っている

 

 

 

●リゼリオ・ベラフシオ(作者:自分)

性別:男性 種族【竜族】 年齢25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

 

竜族の青年、わからないことがあったいつでも聞いてくれと自身の身を案じてくれた

ウォーネスの友人らしく、よく一緒に仕事をすることもある

 

中でも面白いとラナが思っているのは自身の作った魔道具や機械の話になると

早口になって倍速な動きみたいになること

 

リゼリオ・ベラフシオ - ジヴァールさんのブログ

 

 

●RAIN(レイン) (作者:自分)

性別:女性 種族【機族】 年齢18歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

〈友人〉〈一緒に何かしでかす〉

リゼリオの傍に居る機人のメイド

昼食などを持ってきてくれたり、一緒に夕食を作ってくれたり

ある意味母のような存在だと思っている

 

関係にある〈一緒に何かしでかす〉は

ラナの魔術研究の際にレインが勉強しに来る(昼食を届けてその流れで)場合があり、魔術の詠唱等をラナが教えている

それらの魔法をレインが唱え間違えたりして、研究室を黒焦げにしたりする

 

「げほっげほっ…レ、レインさん!」

「・・・失敗しました、ガビーン

 

RAIN(レイン) - ジヴァールさんのブログ

 

 

●祖母

性別:女性 種族【魔族】 年齢

所属【KR本部・戦闘部隊『杖(ワンド)』】

〈唯一の家族〉

自身を赤子の頃から世話し育ててくれた本当の家族と言える存在

祖母の為にも生き別れの家族を探し出して連れて帰りたいと思っている。

 

 

 

●エレク・ペアルトス(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 17歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『』】

〈お兄さん〉〈先輩〉

ルナ先輩がよくぶっ飛ばしてる年上の先輩

独特な顔の模様ですぐに分かる、任務で一緒になったこともあり

ルナさんの苦労がなんとなくわかる

 

 

 

●ルナ・アシュライズ(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:女性 種族【人間】 年齢18歳(103年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『杖(ワンド)』※恐らく】

〈大先輩〉〈憧れ〉

本部へ移った際、ウォーネスやナジアと同じように色々と教えてくれた

自身よりも戦闘時の状況対応などが早かったり、魔道具の技術も高く、安定した魔術を放てるしで

全てに憧れていたりする

 

 

 

 

●ライリー・テルテス(作者:松吉さん)

性別:男性 種族【獣族(ケモ耳)】ショタ 17歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

〈先輩〉〈ちょっとかわいい〉

ウォルターに可愛がられている獣族の少年、元気で明るく戦場でもすぐに見分けられる存在感をしている

 

よく食べてよく訓練してで

健気な一面を見ており、一生懸命な子だなぁと思う

 

 

 

 

ライリーくんの設定はコチラ↓

 

 

 

 

 

●ベルベット・ブラート(作者:磁石さん)

性別:男 種族【ゴーレム】 25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

〈先輩〉〈ともだち〉

一緒に任務をすることがある不思議な見た目の団員

色々親切に教えてくれた一人、魔道具制作の際に高所にある資料の本を取ってくれたりしてとっても仲良し

 

同じ魔術師で一緒に戦闘する際には、彼の高い耐久性でヘイトを集めてくれてる間に魔術を放つ戦法となることが多い

 

 

 

 

ベルベットくんの設定はコチラ↓

ベルベット 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

シリウス(作者:磁石さん)

性別:女性 種族【人間】 年齢不明

 所属【KR本部・戦闘部隊『杖(ワンド)』訓練科教官】

〈先生〉 

自身の魔術の訓練をしてくれたお姉さん、わからないところを的確に教えてくれたりと師弟のような関係の教官なのかもしれない

 

図書館で一緒になることもあり、仲良く読書をしていたり

一緒に美味しいものを食べたりもする

 

シリウス 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

●レルムヴァート(作者:Y.o.Uさん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

〈ともだち〉

ウォルターがマギーア界陸、ラグライアで連れ帰ってきたまるで花のような美青年

ウォルターと同じ異世界人であり、彼の世界で使われる魔術をナジアと一緒に教わっていたりする

 

頼りになるお兄さんの一人。

 

 

レルムくんの設定はコチラ↓

レルム(ユースティア) – 生湯葉バース

 

 

●フィリアス・ミューレイド(影さん)

性別:女性 種族【人間】 23歳

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官兼部隊長副官、戦闘部隊『槍(ランス)』分隊G-Clef」隊長】

〈綺麗な人〉

とても綺麗な姿をしている人物、訓練の様子を見ていた際

その剣術も美しく魔術師ながら見惚れていた

ウォルターとも仲が良く、一緒に話している所に出会い雑談をしたりすることもある

 

 

●ダンツ(作者:影さん)

性別:男性 種族【獣族(半獣人)】 年齢14歳(102年)

所属【KR本部・戦闘部隊『』】

〈同い年ともだち〉

歳が同じなのもあって共通の話題が多く、会う機会が多い

彼に魔術を教えたりもしてなかなかの関係である。

 

KR戦争孤児保護施設で育ったらしく、家族の居ない彼に寄り添おうとしている

 

 

 

●ジョニー・ベルペッパー(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間】 27歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『』】

〈ロボット・・・?〉

 

 

●トレック・アットルース(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:男性 種族【獣族(半獣人)】 年齢18歳(100年故) 

所属【KR本部・戦闘部隊『』】

〈〉

 

 

 

●アルダ・エルヴァイン(作者:泡沫さん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』分隊リベリオン」】

〈先輩ともだち〉

ウォルターと話していた表情が固い青年

彼と任務を受けた際に少し怖い印象であったが、戦闘を終えた際に自身の体調を気に掛けてくれたりして

優しい印象へと変わり、見た目で判断してはいけないと思った

 

手作りのご飯を持って行ってあげたりすると「おいしい」と言ってくれたり

ただ関わるのが苦手な人なのかなと感じている

 

 

 

アルダくんの設定はコチラ↓

 

アルダ 設定 - Spica

 

 

●シープ(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【羊(獣人じゃないひつじ)】 年齢17歳(実年齢47歳/102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『盾(シールド)』警備科】

〈かわいいー〉

本部で出会ったモフモフな羊さん

ラナ自身は興味津々で彼をよく観察しており、律儀に「おなか、触ってもいいですか?」

と聞き「ダメだよ」と言われた

 

ナジアと訓練場で殴り合っていたところを目撃してしまい

喧嘩をしてるのではないかとプチパニックを起こしたことがある

 

 

シープさんの設定はコチラ↓

シープ【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●マミ・シェイファー 

性別:女性 種族【人間】 44歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『薬(メディシン)』】

〈母のよう〉

転んで擦り傷を負った際に手当てをしてくれた優しいお医者さん

彼女の優しさに何か惹かれる者もあり、お母さんと呼びそうになってしまったことがあった

・・・家族が恋しい

 

 

 

 彼女の設定はコチラ↓

マミ・シェイファー【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

●ノノ・シェイファー(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【人族】 年齢21歳(102年時)

所属【KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』】

〈頼りになるお姉さん〉

マミさんに手当てをしてくれたときに一緒に話をしてくれたマミの娘さん 

母と同じ様に優しく、何かあったら相談にきてねとも言ってくれた

 

二人の姿を見る度、なにか寂しさを覚えることがあるけど

これは、家族を見ると少し羨ましいなと思っている

 

 

ノノさんの設定はコチラ↓

ノノ・シェイファー【KR】(verユースティア) - window_smash’s blog

 

●エリーフ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【神族?天族?らしい】 年齢2000歳超え

所属【パンタシアKRガルドーラ支部・支援部隊『書(ブック)』】

ポンコツ先輩〉

ガルドーラ支部で入団を果たした後、その支部内を色々と案内してくれた天使?

風についての魔法を教えてくれた先輩

本部に移った後も連絡は取り合っており、たまにガルドーラ支部へと行き

一緒に話しながら過ごす事も

 

以前、自身よりも背丈が低いので一緒に歩いているところを同じ団員からかわれた時があったのだが

その人物に対して彼女はノーザンライト・スープレックスというプロレス技を決めたこともあり身長など体の話はしないようにしている

 

彼女設定はコチラ→ エリーフ【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●リーマ・オールウェイズ

性別:男性 種族【人間】 49歳(102年時) 

所属【KR・テリナ支部・支援部隊『馬(ホース)』】

〈面白い人〉

 

 リーマさんの設定はコチラ↓

リーマ・オールウェイズ【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●シェルト・セレスチアル(作者:自分)

性別:女性(中身男性) 種族【機族(サイボーグ)】 年齢30歳(102年時)

所属【ゲオメトリア・KRテリナ支部:戦闘部隊『槍(ランス)』】

〈超元気な友達〉

 

優しく接してくれるお姉さん…なんだけど自身よりちょっと背が低い

自分より年上なのも相まって不思議な感じ

 

彼女の機体に乗ったこともあり、自分の魔法で飛ぶのとは違う感覚を味合わせてくれた

 

 

 

 

◆英雄機関

 

●エゼルル・アンフェール(作者:影さん)

性別:男性 種族【獣族(雪豹)】 36歳(102年時)

〈わぁモフモフ〉

 

 

●シュトラ(作者:影さん)

性別:男性 種族【人族】

〈死にそう、大丈夫かな?〉

 

◆VICE

 

●ギュルデン・エルサレフ(作者:私)

性別:男性 種族【人族】 年齢49歳(103年時故)

所属【元KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』/98年以降VICE・死の派閥研究員】

 

 

 

 

ギュルデン・エルサレフ - ジヴァールさんのブログ

 

 

●シュレイト・ゼトワール(作者:自分)

性別:女性 種族【魔族】 年齢14歳

所属【VICE・死の派閥戦闘員】

〈似た顔つき〉〈関心〉

ある戦いにて彼女と対峙し、なにか親近感を感じる

何処かで出会ったこの感じ。言い表すことが出来ない

 

その疑念はすぐに彼女が発した名で晴れる

 

「このシュレイト・”ゼトワール”にビビらないとは恐れ知らずな奴め!」

 

ああ!あなたが…!

 

 

●シャーミン・バイテ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【鱗人(人ハーフ)】 年齢19歳(102年時)

〈敵?〉

 

 

彼女の設定はコチラ↓

シャーミン・バイテ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●タヌミー・ポンポッコ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【獣族(狸)】 年齢17歳(102年時)

所属【VICE魔の派閥:魔壁将軍配下】

〈敵なのかな〉〈〉

 

 

 

 

●タヌチー・ポンポッコ(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【獣族(狸)】 年齢17歳(102年時)

所属【VICE魔の派閥:魔壁将軍配下】

〈大丈夫かなあの子〉〈心配〉

 

 

 

◆その他

 

●ディープ・デスクロウ(作者:私)

性別:雄 種族【獣族(アフガンハウンド)】 年齢41歳

所属【メラニオン】

〈おっきい黒いワンコ〉

 

 

 

ディープ・デスクロウ - ジヴァールさんのブログ

 

 ●クェイ・ツァンロン(作者:Y.o.Uさん)

性別:女性 種族【魔族】 年齢不詳

〈強いお姉さん〉

 

 

クェイ – 生湯葉バース

 

 

 

●なにかあったら追加 というか絡んでくれたら絡む

 

 

 

 

ちょっと小話、曖昧な設定話

 

■名前の由来

最初はピラニアを文字った名前でした

「ラナ」はハワイでは人名に使われ「静かな水面」という意味があるそうです

 

またエリダヌス座から来ています

エリダヌス座デルタ星 - Wikipedia

 

 

 

■彼女の誕生日

シュレイトと同じ日に産まれた

 

 

■おはなし

 

ある村で二人の女の子が産まれました

 

一人は魔法の才に秀でた子で  一人はとても力が強い子でした

産まれて間もない二人はしばらく一緒に過ごしていました  

 

ですが二人の住む村が戦いに巻き込まれてしまいました 

一人の赤子は 家族と逃げる為に荷物を運んでいたおばあちゃんと一緒にいたので

間一髪のところで戦いには巻き込まれませんでした

 

そのすぐあとのことです  

ふたりの住む街が燃やし尽くされてしまいました

もう一人の姉妹の赤子とおとうさんとおかあさんは おばあちゃんの所へ来ることはありませんでした

 

おばあちゃんは泣いていました

 

ですがまだ話すことも  立つこともできなかった彼女には 

何が起きたのかわからず、ただ泣くことしかできませんでした

 

 

 

「そう、あなたの名前は『ラナ・ゼトワール』ふたりは私の大事なたからもの。」

 

 

 

 

 

■何故ピラーラ?

 

ラナの姓(せい)はシュレイトと同じ「ラナ・"ゼトワール"」なのですが

何故偽姓を使っているのかというと、ラナの母親の魔術を嫉妬したり危険視したりしたラグライアの貴族方が"小競り合い"に見せかけるようにした陰謀

無意味な戦いをさせ、そのついでに村もラナ達も焼き払おうという倫理観を無視した私利私欲な考え、そしてなんとか別の街へ避難民として逃げ延びたラナの祖母だったが追手を差し向けられる。

 

結果、森の中で生きていくことになった

だがそのおかげで、今のラナが存在している

強い祖母に感謝しかない

 

えぴあくでは2人は再会を果たす、その後はまだ決めてはいませんが

幸せになることは確かです

 

 

 

 

 

■何故「祖母(名前が決まったら変更)」はラナだけを助けたのか

 

遠い未来の話になりますが、ラナの祖母は異歴50年に起こった英雄戦争に参加しており

恐らくその戦いの際に片方の腕、もしくは足等の四肢を失った可能性がある

仮に片腕がもし無いなら一人しか抱えることができないし、つじつま?が合う

 

ましてやその時はもう村は炎に包まれているとも考えられる、歳も取り以前のように戦うことは難しいものと判断できる

もし我が家を破壊されて、ラナとシュレイトの母親が2人を庇って下敷きなっていれば

片腕しかない祖母はどちらか一人しか運べなかったのではないだろうか、加えて

一人では撃退出来るほどの恐ろしい剣幕の軍勢が向かって来ているのならば早めに判断も下さなければならないはず

 

そして偶然選んだのがラナだったという感じ、平行世界でもし祖母がシュレイトを選んで逃げていたのであれば

シュレイトが先にナイツロードへ入団し、ラナがカルディオに面倒を看られてVICE側にいたのかもしれない

 

浮かぶ理由としてはこんな感じ。

 

■描く上で参考にした人物、イメージ

 

NieR:Replicant&NieR:Automataより ポポル

 

アークライズファンタジアより リフィア

 

ナジア・シベール

名前:ナジア・シベール

 

キャラデザイン・イメージ

 




 

棒デザ




 

■身長179cm程 体重約62kg 誕生日 2月1日  右利き

性別 【メス】 戦闘【LvA】 種族【獣族(シベリアンハスキー)】

 

25歳(102年時)

所属【KnightRoad本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』訓練科教官、臨時で『盾(シールド)』警備科・護衛科】

 

 

異名『晶壁』『晶青』

 

■お姉さんワンコ教官、団員(主に獣族)らからも人気で的確に指導をしてくれる

頼りにされる元気、かつてメラニオンに保護されていた異色の経歴を持つ

会話の距離も近からず遠からずな感じにコミュニケーションを取るがこれは

彼女の過去に影響している

 

 

 

■能力

 

□クリスタル

青く透き通る結晶を作り出す力、肉体構造を弄られた事でこの能力を得てしまった

しかしその能力は折り紙つき、敵を追尾するファンネルで攪乱させたり

作り出したクリスタルの高い強度で守りに徹したり、鋭利な先端で相手の装甲を貫くこともできてしまう

 

まさに攻守一体とでも言うべきだろうか

 

 

□グラビティ

「クリスタル」の力を得たと同時に得た重力を操る力

文字通り重いものから軽いものまで自由自在に動かすことが出来る

彼女に重い武器等を持たせても軽々と振り回す事が出来る

 

 

 

 

■人柄『頼りになるお姉さんワンコ』

 

□誰とでも壁隔てなく話すことができる明るいシベリアンハスキーの獣人教官

特に同じ獣族のナイツロード団員からの信頼がとても高い、その理由は気づけないような癖を彼女は見つけ、それを的確に指導してくれるから

なので獣族以外からも模擬戦の話が多々申込まれてくる

スタイルも抜群、オシャレにも気を抜かずまさに理想そのものと言っても良い

 

会話の距離感は近からず遠からずに丁度いいくらいに話してくれるので

他団員の愚痴なども聞くときもある。

 

ただ酒癖が非常に悪く、吞み始めたら止まらなくなる

例を挙げると突然泣き出したり、怒ったりと

感情の右往左往が激しくなる

なので切り良くウォーネスがいつも迎えに来て彼女の自室に連れて帰る光景がしばしば目撃される

 

 

 

 

 

 

 

武装詳細

 

□KR式オーガブレード

練度A

本部内で販売されている一般的に売られている大きめの両刃剣

獣族は肉体が発達している者が多いため彼女はコレを軽く振り回す

 

自身の能力で重量を軽減し、

強度も上げているので隙は無い

 

イメージ↓

 

 

 

 

□KR式プロテクトシールド

練度A

本部内で販売されている、自身の体と同じ程の四角い盾

重量もかなりの物だが彼女の能力グラビティと合わせて使い

重量を軽減している

なので見た目に騙されて背後に回り込んだ敵がシールドバッシュを食らう

 

 

 

イメージ↓

 

 

□ヘビィメイル

ナジアが戦闘時に着ている重装鎧、オーダーメイド品である

彼女の能力で軽量化しており、ほぼ軽装と変わらない機動力を可能にしている

 

 

 

 

 

 





■形態

□ブラッドオーバー

【A】から【S+】へ

 

 

 

■趣味・嗜好

 

□特技:観察 メイク 運動 相手の仕草、動作の癖を見抜く

 

 

□趣味:読書 月見(ツマミ食って酒飲みながら)

 

 

□好 :明るく正直な子 お肉 自室 星空 正義 善人 酒(酒癖悪・特にレモンサワー系が好み)

 

 

□嫌 :怖い人間 暗く寒い場所 牢屋 悲鳴 VICE ラグライア 悪人 閉所

 

 

■話し方

 

自分『わたし』『あたし』

相手『あなた』『あんた』

複数『あなた達』『あんたたち』

 

 

■異歴

□77年(0歳):誕生

 

マギーア界陸、ズッズベタ地方の小国にて産まれる

幸せな家庭で15歳までは平和に過ごしていく

 

 

□89年(12歳):空を駆ける旅人シェルトとの出会い

 

ある日空からロボットが飛んできた、その中には

「シェルト・セレスチアル(当時17歳)」が搭乗しており、自分と瓜二つの機体を世界各地に置いて回っているとのこと

 

軽い芸も魅せてくれて、成長期のナジアには良い出会いであった

その日のうちに彼女と仲良くなり、シェルトのスペアの機体を配置出来る様に一緒に偉い人にお願いしに行き、許しをもらえた。

 

たまにスペアが目覚めて一緒に話しに来てくれたりと仲良く暮していく

 

 

 

□92年(15歳):地獄へ

 

ラグライア人に家族共々誘拐され、奴隷獣人となってしまう

父は抵抗した際に拘束され、母も同じく頭部を殴られる

シェルト(当時20歳)が助けようとしてくれたが力及ばず機体が再起不能になる。

 

そしてラグライアにある、人気の無い研究施設で非人道的な実験に実験体として利用されることになる

酷い痛みに声を出すが抑えられ、怒号を浴びせられ

徐々に憔悴(しょうすい)していく

 

約半年ほどこの施設で過ごし、その過程で

能力「クリスタル」と「グラビティ」を獲得する

 

 

 

□93年(16歳):救われる

 

自身が囚われている施設の非人道さが広がり、傭兵団ナイツロードにもその手の話が流れ始める

ナイツロード団員「フェダ・ドゥラン(当時48歳)」「ユノ・フィコラス(当時37歳)」「ギレイグ・ヴェード(当時25歳)」らと

そして約半年もの間自身を探し回ってくれていた「シェルト・セレスチアル(当時21歳)」がこれらを制圧、










痩せ細ったナジアは

同行していた秘密結社メラニオンのリーダー

「ディープ・デスクロウ(当時32歳)」に保護される事となる






その中で強くなるための術を習得し、精神と肉体も回復していく

 

 

□96年(18歳):ナイツロードへ

 

すっかり元気になり、明るい前向きな娘へ成長していく

戦闘にも参戦していき(悪いやつ絶対許さねぇっていう執念で)、ディープも一安心

 

もっと悪いやつを倒したい!とナジアの要望もあり

ディープがナイツロードへの入団を奨め入団する

 

能力の汎用性を評価され剣(セイバー)へと配属され、実績を積んでいく

 

自身を助けてくれた「ユノ・フィコラス(当時40歳)」や「ギレイグ・ヴェード(当時28歳)」「フェダ・ドゥラン(当時51歳)」

そしてナイツロードへ入団していた「シェルト・セレスチアル(当時24歳)」とも再会を果たし

 

自身の成長ぶりを見せつけた

 

 

 

 

しばらくして、ある任務を遂行するために「ギレイグ」、「トレック・アットルース」と

共に向かった際に英雄機関の「ウォーネス・メルオデス(当時17歳)」「リゼリオ・ベラフシオ(当時19歳)」や「RAIN(当時12歳)」と出会う

 

そこには自身の恩人の一人であったメラニオンの「ディープ・デスクロウ(当時35歳)」と再会する、軽い世間話をしながら

ウォーネスの事情と自身の語っていなかった過去の話を聞く

 

そして遅れて「シェルト」が増援として駆け付けた

ディープが依頼を出していたのだ

 

そしてウォーネスの依頼の目標であった「ウォーネスの父親バシバの仇」を討つ

ギレイグとウォーネスが互いに恋を抱いてる事にも道中気づく

 

一緒にバックアップするよディープ!!

 

 

□97年(19歳):もう誰も失いたくないから

 

天才的な戦闘技術で戦績を重ね、なんと19歳で教官も任せられる事になる

その日ディープとすぐ電話し、おめでとうと褒められる

 

若くして多くの戦場を経験したため

指導も的確で歳の話をすると皆ギョロ目になっていた

 

そしてこの年からお酒を吞み始め

同席した団員らに

「彼女に酒を吞ませるな、飛ぶぞ(金が)」と噂が広がり始める

 

*毎日めちゃくちゃ飲んでる訳ではなく、宴会の時とかにめっちゃ飲む

部屋で静かに夜空を見ながら缶サワーを飲んでることもある

 

 

 

□98年(20歳):出会い

 

自身を助け、親しかったギレイグが失踪する、多少動揺するがいつも通り

 

そしてこの年、二人の新人(知り合い)

英雄機関の友人「ウォーネス・メルオデス(当時21歳)」「リゼリオ・ベラフシオ(当時23歳)「RAIN(当時14歳)」」が入団してくる

一様先輩として色んな所に連れていってあげたりする

 

でも入団理由はなんとなく察しており「あー・・・」って思う

 

 

それ以降はディープ繋がりでより深い友人となっている

 

 

□99年:青い人

 

この年リーベルタース北部辺りで保護されてきた

「ウォルター・アラトティス」と出会う、親しかったユノが誇らしげに

愛弟子2号だぞ!!と語っていてハハーンと納得した

 

ちょっと和らいで良かったわね

 

□101年(24歳):愛弟子同士

 

ユノの愛弟子であった「ギレイグ・ヴェード(当時33歳)」が「ウォルター(当時17歳)」らが交戦したと聞く

 

ギレイグはVICEの手に落ちていたのだ。

複雑な心境のウォーネスにそっと寄り添う

「大丈夫、あの人はそんなことをする人じゃないよ」信じよう

 

 

□102年(25歳):現在

 

 

 

□なにか更新予定

 

 

■交友関係(ざっくり)

 

◆ナイツロード

 

レヴィアタン・本部

 

●ギレイグ・ヴェード(作者:私)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 30歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『恩人』

 

施設にとらわれていた自身を助け出してくれた一人

真面目で真意に向き合ってくれたりして頼りになるお兄さん的に思っている、それはナイツロードへ入団した時も変わらなかった

冗談を真に受けたり、噓が付けなかったり

彼の面白さもよく理解していた、彼がウォーネスと恋人同士になってからは

彼の恋愛を応援している

 

彼の失踪後は若干心配しているが気にし過ぎないように心掛けている

何処かできっと助けを求めている。

私の時のように

 

ギレイグ・ヴェード - ジヴァールさんのブログ

 

 

●ユノ・フィコラス(作者:自分)

性別:男性 種族【獣族(孔雀)】 46歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官】

『恩人』

研究施設に囚われていた自身を助け出してくれた一人

彼の明るい前向きな言動に多く励まされた

救出後しばらく会うことはなかったが

ナイツロードへ入団し再会したときは、呑み踊って自身の入団を祝った

 

彼の踊りのバックダンサーをすることもあり、知らぬ間にRAINと一緒に踊っていることも

 

 

ユノ・フィコラス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●ウォルター・アラトティス(作者:私)

性別:男性 種族【鱗人族(人と魚人ハーフ)】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

『いいコンビ』

99年に保護された時から入団に至るまでユノと共に訓練を行った青年

明るく繊細な部分は自分に少し似ているのかなと思っていたりもし

よくつるんでいる、ただケモ耳に対しての熱が凄く

 

よくライリー・テルテス、ラビビ等を追いかけ回してたりする場面に遭遇し

龍真らと共に制止に入ることもある

 

 

 

ウォルター・アラトティス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●セレシア(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【魔族(本人談)】 年齢22歳(異歴102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『一様の先輩?』

 

ユノに紹介されて出会った、自身よりも一年早く入団した年下の先輩

「セレシアせんぱーい」と身長差で圧をかけつつ物をねだったりするが「やめろ犬コロ~」と振り払われるまでが定番

でもナジアの誕生日の時にはねだっていた物をプレゼントしてくれたり持ちつ持たれつな関係

彼の能力も結晶を使った戦闘を行うため親近感も湧いており「セーくん」と呼ぶこともある

 

彼とユノとで戦場に赴いた日には、結晶の反射が眩しすぎて

完全にコンサート状態と化す

ナジア ユノ セレシア そしておまけのRAINとリア

の順で並びキメポーズを取ったりとなかなか面白い

 

 

 

セレシアくんの設定はコチラ↓

セレシア【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●ウォーネス・メルオデス(作者:私)

性別:雌 種族【獣族(ボルゾイ)】 23歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

『でっかい親友』

自身より後に入って来た実戦経験ありで英雄機関にも所属してる同じワンコ

ギレイグと一緒に向かった任務で初めて出会って以降、友人として連絡を取り合ったりなどしてオフの日はカフェで飲んだりする

 

宴の時に自身の送り迎えをしてくれているので

感謝してもしきれない

 

ウォーネスが自身の身体のコンプレックスの話をしてくれたのでナジア自身の過去も彼女に話している

それだけ信頼し合っている「どちらも美しい」のではないだろうか

 

ギレイグを探しているらしいが手掛かりは未だに掴めていない。

でもきっと何処かで生きている、そう信じていたら

ウォルターがギレイグと交戦した話を聞き、安堵する

裏切り者であるギュルデンにも然るべき報いを与えねばとディープと同じく

血眼で痕跡を辿っている

 

本音で語り合える数少ない親友

 

 

 

 

 

ウォーネス・メルオデス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●リゼリオ・ベラフシオ(作者:自分)

性別:男性 種族【竜族】 年齢25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

 

ウォーネスと共にKRへ入団してきた、竜族の青年

ウォーネスの一件以降よくウォーネスと一緒に出会っており

茶店などで日常の話をしていたりする、主に最近の流行など

RAINも含めた四人で団欒をすることが多い

 

同じナイツロードの団員となり、一緒の依頼を受けに行くこともあり

彼の援護射撃に助けられることも

 

 

リゼリオ・ベラフシオ - ジヴァールさんのブログ

 

 

●RAIN(レイン) (作者:自分)

性別:女性 種族【機族】 年齢18歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

『ちょっと欲しい』

リゼリオに付き従うメイドちゃん、喋り方がちょっと面白

リゼリオらと一緒に食事をし、口に食べかすが付いてると取ってくれたりする

「自分にもメイドが居たらなぁ」と彼女を見るたびに言っており

「私にはマスターしかおりません」ときっぱり断られ

えーん とふざけた泣き方をしたりして雑談してる

 

彼女から料理を教わったりすることもあり

色々お世話になっている

 

 

RAIN(レイン) - ジヴァールさんのブログ

 

 

 

●ラナ・ピラーラ(作者:自分)

性別:女性  種族【魔族】 年齢14歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『杖(ワンド)』】

『妹のような存在』

パンタシア・ガルドーラ支部から本部に異動してきた少女、幼いながら自身よりもとても魔法に長けており彼女から教わることもしばしばある

 

 

彼女、魔法以外の事はあんまり得意じゃないので、たまに会いに行って

色々教えてあげる、主に料理や家事、生活に必要な事などなど

種族は違えど姉妹のような関係になっている

 

 

ラナ・ピラーラ - ジヴァールさんのブログ

 

 

●エレク・ペアルトス(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 17歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』分隊「ブレイカー」/戦闘部隊『剣(セイバー)』特務課分隊デュランダル」】

 

気さくでよく話したりすることがある明るいちょっとだけ青髪の少年

ウォルターと同じように育てがいのある子で、飯のがっつき方も好ポイント

 

彼と模擬戦もしたことがあり中々の動きで半分マジになって戦っていた

 

 

 

 

●ライリー・テルテス(作者:松吉さん)

性別:男性 種族【獣族(ケモ耳)】ショタ

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

 

ウォルターがやたら可愛がっている獣族の少年、ウォルター、ユノに撫でられまくって照れる所に遭遇したことがあり

逃げるようにコチラを背後に隠れてき、二人を注意した

 

 

 

ライリーくんの設定はコチラ↓

 

 

 

 

 

●ラビビ(作者:磁石さん)

性別:女性 種族【獣族(兎ハーフ)】 年齢19歳(102年時)

『かわいいかわいい後輩』

100年に入団してきたなかなか見所がある子、自身が指摘したところをしっかり修正し成長していっている

任務の戦闘の際も自身が作り出したクリスタルを足場にして戦う応用力もあって愛でたい子。

 

少々口が悪いけれど、自身の過去に言われた事に比べれば何とも無い

ナジアから一緒に食事に誘ったり、会いに行くことが多い

理由は単純「かわいい」から

 

ウォルターの気持ちが彼女を通して少し分かる気がする、とナジアは思う

 

 

 

 彼女の設定はコチラ↓

ラビビ 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

 

●ベルベット・ブラート(作者:磁石さん)

性別:男 種族【ゴーレム】 25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『ちょっと親近感』

訓練の際に出会った、あまりにも生物離れした容姿に最初は戸惑うが次第に慣れていく

彼から生まれた経緯を質問してみたら少し自分と重なる部分もあり、自身の過去も少し話している

そして、愛称を込めて「べっちゃん」と呼んでいる

 

一緒に依頼を受けたことも何度かあり、まさに堅牢そのものと言ってもいい

コンビンネーションであった

 

 

 

ベルベットくんの設定はコチラ↓

ベルベット 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

 

●スパラ・トール(作者:磁石さん)

性別:女性 種族【魔族】 年齢約679歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

 

『獣人大好き過ぎ』

気づくとウォーネスなどの獣人に抱き着いてくる、ナジアも同じく後ろから抱き着かれたりしてちょっとビックリする

 

ウォーネスの時は胸を執拗に触ってくるので、引き離そうとして

自身の手もウォーネスの胸に当たりウォーネスを赤面させてしまう事が多々あった

戦闘では前線に出て頼りになるのに…と思うナジアは何度かいつも思っている

 

でもウォーネスのコンプレックスが少しずつマシになってるらしいので

ナジアもしようかと尋ねるとウォーネスは「少しだけなら」と言って触ってたりする

 

傍から見たら完全にアレ

 

 

スパラ 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

●レファーナ・ナルヴィア(作者:泡沫さん)

性別:女性/雌 種族【獣族(狼と狐のミックス)】 年齢23歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』分隊リベリオン」】

〈同僚・後輩〉〈そ、そんなかんけいでは〉

 

自身よりあとに入ってきたなかなかな恰好の獣人の娘

立ち回りも申し分なく入り組んだ地形などでは彼女に助けられたことは何度かある。

 

当初露出の多さを少し指摘し、先輩なのもアリ、酒場で吞んだ後

彼女の部屋で目が覚め、それらしき反応をされて「やらかした…」と気づき

ありもしない「そういう営みをした」という弱みを握られる。

レファーナの立場が危うくなったりするとその事を話そうとしたりするのでに強く言えないもどかしい状況になっていたことがある

 

それをダシにウォーネスを呑みに誘うように言われ、最終的に呼び出したウォーネス共々全員ベロベロになり、ナジアの部屋の寝室で着ていた服を脱ぎ散らかした状態で三人仲良く川の字で朝を迎えたことがある、それ以降仲は良くなっている

 

そして何となく彼女がいつもつけているお面をグラビティで取った際に恥ずかしそうする素振りをしたことからこの件は終幕を迎えることになった(👍) 

 

 

レファーナ 設定 - Spica

 

 

●レルムヴァート(作者:Y.o.Uさん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

『友人』

ウォルターが101年に勧誘してきた不思議な青年、白い髪繋がりでユノとも仲良さそうに話していた(ついでに弟子に誘おうとしていた)

 

一緒に訓練や、戦闘も共にし 関係は深く

彼の魔法について興味があったので聞いて練習したこともあり

綺麗な結晶の花を作り出せた

 

オフの日にはウォルター達と一緒に買い物をしたりするときもあり

中でも居酒屋のときは凄まじく、酒飲み勝負をして

吞み過ぎてウォルターとウォーネスの二人に一緒に怒られたこともある

 

仲良しな子である

 

 

レルムくんの設定はコチラ↓

レルム(ユースティア) – 生湯葉バース

 

 

●フィリアス・ミューレイド(影さん)

性別:女性 種族【人間】 23歳

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官兼部隊長副官、戦闘部隊『槍(ランス)』分隊G-Clef」隊長】

『理想的』

凛とした出で立ち、明らか何らかの名家なんだろなと直ぐに気づいた

話し方も騎士のようで、それを言ううといつも「これでも騎士の端くれですので」

と返ってきた、二つ下ではあるが彼女の連撃は華やかさすら感じる程

 

トレックと親しく接する様子から、なんとなく心情を察していたが

死亡の知らせを聞いて部屋に何日か籠ってしまったときは

優しく励ましてあげた

 

 

 

●ジョニー・ベルペッパー(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間】 27歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『』教官】

『先輩教官』

やる気のない感じではあるがしっかりしてる人?

身体が機械なので過去に何があったのか気になっていたりする

エレクとの訓練を見ていたがなかなか厄介な動きをしていた

よく本部に居ることが多いので手作りの料理とかを渡しに行ったりしてる

 

 

 

 

 

●イルヴァース・テオトランド(うまそうす騎士丼す)

性別:男性 種族【人間】 年齢57歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『』教官】

『強い爺様』

堂々とした出で立ちで剣を振るっていたフェダのような剣士

イルヴァースとの実戦訓練で目で追うことが出来ない程の剣捌きを

防ぐことしかできず全く攻撃できなかった事がある

 

入団当初の彼の訓練にも参加しており、獣人特有の身体能力の高さでもギリギリだったが

自身よりも老いているのにも関わらずそつなくこなしていたのを目の当たりにし

相当の戦場を経験しているのだろうなと感じた

 

フェダと知り合いなのもあり話すことは多い

どの話をしても最終的に行きつくのは剣に関する話になる

 

 

●フェダ・ドゥラン(作者:私)

性別:男性 種族【人間】 年齢57歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官】

『恩人、師』

非道な研究施設に囚われていた自身を助け出してくれた一人

救出直後の優しい声に涙が止まらなかった、メラニオンに居た頃は連絡が取れなかったが

ナイツロードへ入団し、再会したときは嬉しくて抱き着いてしまったことも

 

自身が入団して間もない頃、「クリスタル」の性質を「杖(ワンド)」の団員らと解析し

その力を引き出した魔導を教えてくれた、入団する96年以前までは無属性の魔法しか使えなかったが

彼のおかげで属性式も扱えるようになった、自身を救っただけではなく

知識も授けてくれて叔父のように思っている

なので尊敬の意も込めて「フェダじいさま」と呼んでいることが多い

 

フェダ的には普通に「フェダ」とかで呼んで欲しいが何度もそう呼ばれて

慣れてしまった

 

 

フェダ・ドゥラン - ジヴァールさんのブログ

 

 

 

 

●阿嘉松 不堂(あかまつ ふどう)(作者:コネクトさん)

性別:男性 種族【人間】 年齢41歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』訓練科教官】

『酒仲間』

たまたまKR本部の居酒屋的な場所で出会う

ナジアは半分酔ってる状態で彼と話をしていた、当時何を言ったか覚えていないが

この出会いからよく話すようになり、訓練時も互いに意見を交換し合って技術を磨き合っている

 

よき酒仲間

 

 

彼の設定はコチラ↓

阿嘉松 不堂 キャラ設定 - コネクトの雑記スペース

 

 

 

 

 

 

●トレック・アットルース(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:男性 種族【獣族(半獣人)】 年齢18歳(100年故) 

所属【KR本部・戦闘部隊『』】

『頼もしい子だった』

自身よりも先にこのナイツロードで生活していた団員

はっきりとした言動でなかなかの人物であった

ギレイグと共にウォーネスの依頼を受けたときは多少粗さは目立つが

自身よりも輝く何かを感じていた

 

死の知らせを聞いたときは、一緒に居ればよかったと考えた

 

 

 

 

 

●アルダ・エルヴァイン(作者:泡沫さん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』分隊リベリオン」】

 

99年、トレックと戦っていた所を目撃

その戦いはお互い一歩も引かずに剣をぶつけ合いその試験を終え、軽い挨拶をしてその場を後にした

思わず大きな声で「グッジョブ二人とも!」と言ってしまったが

軽い相槌を打ってくれた

 

 

 

 

アルダくんの設定はコチラ↓

アルダ 設定 - Spica

 

 

 

ジーナ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【猫】 年齢若い

 所属【KR本部・戦闘部隊『盾(シールド)』警備科】

『お金返して』 

KR本部のロッシュ・ラトムスが経営する猫カフェなる場所でコーヒーを飲んでるときに出会う

 

可愛いと思って撫でてたら急に喋って非常に驚いた記憶

仲良くなってから「お金貸して欲しい!」とお願いされる

何に使うのかと問うと彼女の額から汗が流れたため、同行することを条件に自身の貸す金の使い場所へ、なんと賭け事に使っていた

 

 彼女の知り合いでもあるリアも同様に競馬なるものに賭けていた

その流れでその日ナジアも競馬の賭け事へ参加することとなったが

彼女だけ当たり、他二人が悶絶していた

 

それを見兼ねて貰った賞金を二人に分けるがすぐさま次の賭け事に使いに行った、根は良い子なんだけどなぁと思う

 

ウォーネスの茶道では猫の姿になり、座布団で丸くなっていた

 

 

 

彼女の設定はコチラ↓

ジジ(ジーナ)【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

●リア・レッドマン(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【機族】 年齢52歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『盾(シールド)』警備科】

『元気な"おじさん"』 

 ユノと戯れている赤いボディのおじさんロボ、毎回名前で呼んでと言われるので面白半分でその日最初に会ったときにおじさんと呼んでる

 

 ジーナと一緒にした賭け事中(競馬)、外れて悶絶していたので当たった賞金を

分けたこともある

 

自身と武装が似ているので動き方の共有もして互いに腕を磨き合ってたりもする

ふざけるときはふざけて、真面目な時は真面目にな関係

 

 

 彼の設定はコチラ↓

リア・レッドマン【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

●シープ(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【羊(獣人じゃないひつじ)】 年齢17歳(実年齢47歳/102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『盾(シールド)』警備科】

〈教え子〉〈後輩〉

 99年に家族と入団して来た印象的な見た目の羊?彼の訓練教官を担当しており

育てがいのある後輩である。

 

彼と模擬戦をすることになったことがあったのだが

その際自身の能力を封印してきて素手で殴り合う異様な状態となったことがある

ナジア自身はいい機会と考えており満更でもないと思っている

 

だが傍から見れば完全に喧嘩

「熱くなってきたぞシープ!!!」「パンチが浅いぞコノヤロウ!ナジアァッ!」

 

「どうした喧嘩か?!」「いえ、訓練中です」

 

「?」

 

シープさんの設定はコチラ↓

シープ【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

 

 

●カトル・フロンヒール(作者:ノットさん)

性別:女性 種族【人間】 年齢28歳(102年時)

所属【KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』】

『酒仲間』

呑み過ぎてウォーネスに医療室へ運ばれたことがあり、その時出会った

酒臭い匂いで彼女も飲酒をしてると気付き、アルコール度数の低い物を吞み合った事がある

 

報酬金で高い酒を買ってカトルや阿嘉松に配りに行ったこともあるのでいい関係ではある

 

 

 

 

●マミ・シェイファー(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【人間】 44歳(102年時)

所属【KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』】

 

またまたお世話になってる医者、優しい声もあってか自身の母親を連想している

一緒に料理をしたりして微笑ましい光景

 

 

 

マミ・シェイファー【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●ノノ・シェイファー(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【人族】 年齢21歳(102年時)

所属【KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』】

同じくお世話になっている医者、母にいつもお世話になっております(_ _)

 

 

ノノさんの設定はコチラ↓

ノノ・シェイファー【KR】(verユースティア) - window_smash’s blog

 

 

 

◇ゲオメトリア・テリナ支部

 

●リーマ・オールウェイズ

性別:男性 種族【人間】 49歳(102年時) 

所属【KRテリナ支部・馬隊(ホースクラン)】

『知り合い』

彼の物資運搬の護衛についたことがあり、その際知り合いとなった

喋り方がカタコトで面白い人だなーって思ってたら

 

彼が作ったロボットが話していたのだと知る、彼の機械技術は相当なもので

説明されても全く頭に入ってこなかった、だが隣にいたリゼリオとレインは

目をキラキラさせて聞いていたのを覚えている

 

 

 

 

 リーマさんの設定はコチラ↓

リーマ・オールウェイズ【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

●サナ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【人間】 年齢25歳(102年時)

所属【KRテリナ支部・戦闘部隊『銃(カノン)』】

『同い年知り合い』

ゲオメトリアでの依頼の際に彼女と組むことになった

歳が同じなのもあり、共通の話題でよく盛り上がる

例えば「ウォーネスとギレイグの話し」や、「気になってる人が…」と恋バナもしたりする

 

ある時には彼女が作成したコスプレ衣装をウォルターと一緒に試着してみたりすることも

またまたある時には、ゲオメトリアの一仕事を終えた後テリナ支部の風呂場に入ろうとしたが身体をみられるのが苦手な為、人気が少なくなった時間で入浴していたら

突然彼女が入って来、その流れで一緒に世間話をしたこともあった、文字通り裸で語りあった仲でもある

そのおかげか多少ではあるが服を脱ぐとき気が楽になっている。

 

 

サナ【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

●シェルト・セレスチアル(作者:自分)

性別:女性(男性) 種族【機族(サイボーグ)】 年齢30歳(102年時)

所属【ゲオメトリア・KRテリナ支部:戦闘部隊『槍(ランス)』】

〈親友、恩人〉

 

自身が12歳の時に知り合って以降長い付き合いのサイボーグ

色んな場所の景色を映写機のようなもので見せてくれたりもした

 

15歳の時には攫われそうになった自身をボロボロになりながら助けようとしてくれていたのもあり信頼している一人

 

ちょっとぶっ飛んでいるところはあるけれど、優しさは微かに感じ取れる

一緒にふざけたり、笑ったり、何処か自身に対して固執しているような感じがする。

 

 

 

◆英雄機関

 

●エゼルル・アンフェール(作者:影さん)

性別:男性 種族【獣族(雪豹)】 年齢36歳(102年)

所属【英雄機関・世界英雄_リーベルタース配属】

 

 

●シュトラ(作者:影さん)

性別:男性 種族【人族】

 

 

●シラハ・ケンイチ(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【人間?】 年齢20~30?

所属【英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属(自由都市バルツンのある国)】

〈飲み仲間〉

ウォーネス経緯で知り合いたまに居酒屋で食事をする、ウォーネスと知り合いの人物

「ジュンコ」という人格のことも知っており彼(彼女)が教えてくれた。

ウォーネスと飲み会った時は少々ややこしい事にはなるがその時にはナジアは酔いが回っているので受け流される。

 

シラハ・ケンイチ【英雄機関】(ユースティアver) - window_smash’s blog

※2024/1/17追加 

 

 

 

 

 

◆VICE

 

●ギュルデン・エルサレフ(作者:私)

性別:男性 種族【人族】 年齢49歳(103年時故)

所属【元KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』/98年以降VICE・死の派閥研究員】

『殺す』

 

ウォーネスの為にディープと行方を追っている元ナイツロード団員

顔は怖かったが、手当てが適切なのもあって信頼できる医者であった。

だがそれをすべて捨て、悪に落ちた彼をナジアは理解することができない

 

だからウォーネスの為におまえを殺す

 

ギュルデン・エルサレフ - ジヴァールさんのブログ

 

 

シャーミン・バイテ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【鱗人(人ハーフ)】 年齢19歳(102年時)

『』

 

 

彼女の設定はコチラ↓

シャーミン・バイテ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

◆その他

 

●ディープ・デスクロウ(作者:私)

性別:雄 種族【獣族(アフガンハウンド)】 年齢41歳

所属【メラニオン】

『恩人』

研究施設に囚われていた自身を助け出して保護してくれた

ナジアにとっては親と同じように思っている存在、困った時には電話をしなさいと

いつも気にかけてくれてほんとに血が繋がっているように感じる場面も沢山ある

 

戦いの稽古も彼がしてくれたり、会社のリーダーで多忙な中時間を割いて

来てくれるところにナジアはいつも感謝していた。

それは彼が老いて死ぬまで変わらなかった

 

 

 

ディープ・デスクロウ - ジヴァールさんのブログ

 

 ●クェイ・ツァンロン(作者:Y.o.Uさん)

性別:女性 種族【魔族】 年齢不詳

 

 

 

クェイ – 生湯葉バース

 

 

 

●なにかあったら追加 というか絡んでくれたら絡む

 

 

 

 

ちょっと小話、曖昧な設定話

 

■名前の由来

シベリアンハスキーから来ていたことはハッキリ覚えてる

 

 

 

 

■彼女の誕生日、2月1日

 

誕生石のアメジストから

ギリシャ神話バッカスの悪戯で水晶に変えられてしまった少女にナジアを連想してこの月に

 

1日にしたのは、1(ワン)という安直な感じ

 

 

 

■ナジアの過去

彼女は違法にラグライアへと拐われてきた奴隷獣人の一人

主に魔法実験的なもので連れてこられた

 

15歳までは平和に過ごしていたが、真夜中に彼女が住む街へ

雇われた盗賊らに家族共々拉致される。

目的は「魔力を瞬時に補給し、即座に戦線復帰を可能にするためにどう肉体を弄れば良いのか」という

私利私欲な内容。

 

魔法に長けていたラグライアの人々には喉から手が出る程欲しい力であった。

 

そう「どう肉体構造を弄れば可能になるのか」

ナジア達は実験用のネズミ同然の扱いを受けることになる。

ろくな食事は与えられず、皆痩せ細っていき

 

父は実験材料にされ死亡し、母は異形の化け物にされた挙げ句に始末される。

 

残ったナジアは本来の目的とは違う能力を得ることになる

それが「魔力の宿ったクリスタルを作り出す能力」だった

 

まるで拷問の様な日々を過ごし、されるがままの状態であった

もはや人形と言っても過言ではなかった

 

あの日が来るまでは

そう、彼女が囚われている施設の非人道的な噂が徐々に広がっていたのだ

或いは見るに堪えなくなってこっそり話を流した研究員がいるのかもしれない

泣きわめく様な叫び声に、遠吠え、すぐに話は広がっていく

そして施設へやって来たのが

 

自身を探し続け、ディープに自身の捜索を持ちかけてくれた

「シェルト・セレスチアル」

 

傭兵団ナイツロードの団員

「フェダ・ドゥラン」「ユノ・フィコラス」

「ギレイグ・ヴェード」

 

そしてメラニオンのリーダー

「ディープ・デスクロウ」等であった

 

救助された彼女はしばらくメラニオンの保護下に置かれ

精神と肉体の回復の支援を受けた

 

それが功をそうし、以前までとはいかないが

彼女は明るい元気な性格を取り戻した

 

 

 

 

■ナジアの体

ナジアは研究施設の人間に実験の際、必ず服を脱がされ全裸にされていたのもあって

人前で肌の露出が多い服を着ることや衣類を脱ぐことに非常がコンプレックス、フラッシュバックし、トラウマになっている

 

だがディープらメラニオンの精神治療のおかげで少しはマシになっており

支障が出ない程には回復している

この事を知るのはごく一部の人物のみで

「ウォーネス」「ディープ」「シェルト」「ユノ」「ギレイグ」「フェダ」

がそれを知っている

 

勘の良い人なら、少し肌の露出が多い服を着ている時に冷静を装って少し赤面しているのが分かるかもしれない 

 

 

■没設定、曖昧で自分的に疑問が残ってしまい、とりあえず置いておく設定

 

●サナ達との出会いが彼女のコンプレックスを打ち消す要因となった

サナの傷だらけの身体を見た時に自身の固定概念(脱ぐことによるフラッシュバック)が無くなっていき、派手な水着や肌の露出の多い服装も着れるようになった

 

「ナジアさんは私より綺麗よ、自信をもって」

 

だがウォーネスには「私はそんなの着れないわ…羨ましい」と言われるが

逆に彼女にとってはその言葉が励ましと勇気が貰えるのだ

 

「これが私なんだ」と

 

Q.

何故サナの傷ついた肉体を風呂場で見ることによってコンプレックス、トラウマを克服できるのか?

 

A.ナジアは固定概念、誰かに自分の身体を見られているのではないかと

思い込み過ぎてしまっているから(過去に経験にせい)

 

 

…と考えたのだがなんか無理やり感を感じていったん保留中にした

既に納得いく設定が固まり、どちらにせよ仲がいいのは変わらないのだ

 

●サナ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【人間】 年齢25歳(102年時)

所属【KRテリナ支部・戦闘部隊『銃(カノン)』】

『その体の傷…』

 

訳あって彼女の所属する支部から依頼を共に受けることになり、そこで出会う

仕事を終えた後、コソコソと体を洗っている最中に堂々と傷だらけの体を見せつつ

挨拶してきた

 

そう、ナジアは囚われていた頃の実験の影響で服を脱いだりすると過去の記憶がフラッシュバックしてしまうのだ

 

でもその甲斐があって自分の身体に自信?のようなものが湧き96年以前は着てこなかった

肌の露出が多い服を着れるようになった、歳も同じなのもあり

彼女のコスプレ衣装などをウォルターらと着て写真撮影(資料用)に協力してたりする

 

 

2024/2/13にて、すこし採用、消さないでくれてサンキュー過去の私

忘れてしまう所だった

 

 

■描く上で参考にした人物、イメージ

動物 シベリアンハスキー

 

FFCCクリスタルベアラーより レイル  アミダテリオン

 

ドラゴンズドグマより   ジョブ:ミスティックナイト

ギュルデン・エルサレフ

名前:ギュルデン・エルサレフ

 

キャラデザイン・イメージ

 

 

■身長174cm程 体重約59kg 誕生日:異歴54年7月2日  右利き

性別【男性】 戦闘【LvC+】 種族【人族】

 

48歳(102年時故※予定)

【VICE・死の派閥所属/研究員(上層)】

 

 

異名『冒涜者』

 

■優れた知識を持っていた人間、VICEに墜ち、自身の欲に従い

生命を冒涜する生物を創り出す死の派閥の研究員

おまけに狡猾で相手を駒としか思っていない

だが一様情はある、してくれた恩にはそれ相応に返す礼儀正しさも持っている

 

 

■能力:属性式全王級 種別:ウルティマ

 

独学で読んでいた魔導書で会得した力、高い知識を生かし

応戦する

 

ただ接近戦にはめっぽう弱いので近づかれないように回りには自身を守る化け物が複数居る

コレだけで相手は逆らう気が起きなくなる

 

 

■人柄『まともな医者だったマッドサイエンティスト

元々は名声が高い病院などで働いていたちょっと顔の怖い人間だった。

優れた知能で部下を導く、理想的な上司であった

 

しかしある日、人体改造や生物兵器などの実験にのめり込んでいき、それが露見し

職場を追い出され、家族に会うことなく住処を離れることとなり途方に暮れていた。

そんな時KRの広告を目にし、ダメもとで入団を申し出て行ったらあっさりと入団

前科を口には出さなかった彼だが。

なんとこちらの事情を知っており、知っておきながら団が彼を採用する

 

「証より実績の方が大事ですから」と団長であるレッドリガにも言われ

 

しばらくは薬隊(メディシンクラン)で活動する

最初こそ手当を受ける団員らから不信感を抱かれていたが、的確に手当てをし

痛みも少ない事から

「ギャップじじい」と愛称で呼ばれる様になっていった

 

だがある日自身の生物実験の事を知るVICE構成員と接触

「生物実験」の話を事細かに話されて、自身の欲求

「元あった生物の形とは逸脱した存在の創造」

を抑えられなくなった彼は

 

仲がまあ良かったギレイグ・ヴェードを「友人が捕まっている」という曖昧な話を巧みな口車で騙し

VICEへの手見上げとし、寝返った

 

 

 

武装詳細

 

□拳銃

よく見る銃、邪魔な奴を始末するには持ってこいなアイテム

 

麻酔に魔弾、装填可

 

□眼鏡

普通のメガネ

 

 

■形態

□なし

 

 

■趣味・嗜好

 

□特技:一目でその生物の名前などを当てる 相手の癖を理解する 堅実な振る舞い 言いくるめ

 

□趣味:飼育 読書 解剖 

 

□好 :明らかに本来の姿とは違う同じ生物(つまり改造生物) コーヒー 実験 生物実験 狭い部屋 ネズミ ネコ 立場を弁える人物 醜い悪寒を覚える生物

 

□嫌 :明るい性格の人物 うるさい場所・人物 美しく綺麗な生物

 

 

■話し方

 

自分『私』

相手『きさま』『おまえ』『きみ』

複数『きさまら』『おまえたち』『きみたち』

 

 

■異歴

 

□54年(0歳):ゲオメトリア界陸・近代的な都市ダストリアスでエルサレフ家の長男として産まれる

父はダストリアス警備員の人間、母は元獣医 現在専業主婦の人間

裕福で、両親にも恵まれ

幸せの理想図のような家庭で育つ

 

□60年(6歳):義務教育を受け育っていく、母の怪我を手当てした時に医療に関心を持ち始める、母の笑顔を見たくて医療関係について調べていく

 

□71年(17歳):幼い頃から勉強した甲斐もあって、医療学校を首席で卒業する

わずか17歳で医者となる

 

が転職した病院の上司らの風当たりは強く、「若い者に命など任せられるか」とよくある暴言を吐かれたりするがそれが彼の闘争本能を昂らせる

 

事務仕事中のある日、丁度上司が患者を手術中に別の重傷患者が運び込まれる。

ギュルデンはその重傷患者のオペを担当し、見事手術を成功させる

 

この日を境に何も言われなくなり、着々と信頼を得ていき、最終的にはその病院の院長にまで上り詰め以降長い時をこの職場で過ごす

 

 

□82年(27歳)

長い間お付き合いしていた、愛人と結婚する

 

□83年(28歳)

ギュルデンの子どもが産まれる

息子の長男と、次女の娘

 

□87年(33歳)

ある日、飼っていた生物が寿命を迎えて息を引き取る、その死体から得も言われぬ感覚を覚え、咄嗟に手が動き改造を始める。

そして出来上がったものは生きてるようで死んでいる物体を創り出した

 

その日以降、彼は生物実験にのめり込んでいった、病院内で自身しか入れない部屋を作りそこで隠れながら実験をした、最初は小さなおぞましいモノだった

 

だが日に日に彼の欲求は大きくなっていく

その対象は「ヒト」へ変わりつつあった

 

そんな時自身の病院に「シェルト・セレスチアル(当時15歳)」が獣人の女性を抱えて

彼女を診てくれないかと訪ねてくる。

ギュルデンは咄嗟に『彼女を使おう』と考え、その女獣人「ルビー」を自身の病院で看病することにした。

 

何故すぐに実験に移行しなかったかと言うと思ったよりも状態が酷く、このまま実験に移したら即死すると考えてのことだった

 

 

 

 

 

 

□88年(34歳)

永い間、病院で世話をしてきた「ルビー(当時16歳)」の容体が安定したので実験に移行

見事、人語を話す異形の化け物を生み出す事に成功するが

人の形に留めることが出来なかった自身に対して怒りを覚える

 

こんなぐちゃぐちゃな異形を造りたかったわけではない、と。

 

 

機密に行っていた生物実験が露見し、逮捕される

そう、不信に思った部下が探りを入れていたのだ、ギュルデンは法を犯し逮捕される。

がギュルデンが担当していた患者が大勢おり、その日手術を受ける者もいた

 

本来なら違う医者に手術を受けるはずだったが、患者本人がギュルデンを指名した

それだけ彼は生体構造をよく理解し、手術の成功率も極めて高かったのもあったからだ

犯罪を犯したギュルデンだったが、警察側の粋な計らいにより

最後にその患者の手術を担当、「医者」として最期のオペを行った

 

無事にその患者の手術を成功させた後、ギュルデンは家族に手紙と財産を残し

自身の住処を追い出された

 

手術の成功を感謝されインタビュアーに群集を潜り抜けタクシーに乗ろうとした時

 

激昂した「シェルト・セレスチアル(当時16歳)」に斬りかかれそうになるが、彼女に知り合いに抑えられる

 

幸い、医療免許の経歴に傷が付く程度に済まされた。

トランクを片手にギュルデンは途方に暮れ、自身のしたことを考えていた

 

その時ふとKRの広告を目にする(新聞とかちっちゃなチラシとかで)

半分やけで入団希望を申し出る、そしたらあっさりと入団

自身の犯罪歴を知っていたのにもかかわらず、ギュルデンを薬隊(メディシンクラン)へ配属させた

 

団長レッドリガには「証よりも実績が大事ですから」と若干の圧を感じる

言葉を投げかけられ真っ当に生きようとナイツロードの医者として活動(腕は確か)

 

当初は顔が怖くてみんなに怖がられていたが、親切な対応が広がり始め

「ギャップじじい」と愛称で呼ばれるようになる

 

その名で呼ぶな!と返すことから

ツンデレじじい」とも呼ばれるようになってしまう

やめろーー!!

 

ここから特に何もなく時が流れる

心を入れ替え、生きていくはずだった

 

 

□93年(39歳):最悪な再会

 

「シェルト・セレスチアル(当時21歳)」とKR本部にて再会する

口論になり、最後には暴力沙汰になり、彼女は本部を出禁にされる。

 

 

 

□98年(44歳)

知り合いやメンツも増え、ここで(ナイツロード本部・レヴィアタン)の生活にもすっかり慣れる

 

オフで休暇中、自身の過去を知るVICE構成員に接触される

「生物実験」について、自身の興味を誘ってくるような話をされ

彼の心を揺さぶる、その勢いでVICEの研究施設を見に向かった彼は再び

「生物実験」の欲望

 

「元あった生物の形とは逸脱した存在の創造」をしたくなった

 

そこで、彼はよく話をしていた ギレイグ・ヴェード を

騙し、VICE研究施設で捕縛する

抵抗されたが、数で抑え込む。

 

抵抗し、四肢を損傷したギレイグの身体を改造し、最高傑作とも言える物を創り出した、「人の本来の姿を保ちつつ、異形の要素がある」存在の創造に。

その日のうちに彼はその施設の管理を任されることになる

 

そこで働いていたカルディオなるものにギレイグの監視を含めた同行を命じ

その戦闘結果を見ては改造を施していった、ここが自分の居るべき場所なのだと

感じるが

 

それは間違いだったと後から知る

 

□101年(歳):カルディオの養女、シュレイトが青いヤツ黒いネコ達に襲撃されたと聞く

 

腹いせに別のVICE研究施設へ来るよう仕向ける

 

(Ep:Aquea2)

 

偽の情報を流し、ギレイグの戦闘実験も兼ねて

部下カルディオと研究施設へ攻め入って来る予定のKR団員らを迎撃させる

 

その研究施設で必要だった資料をを集めて一足先にギュルデンは逃げた、戦いは好きではないのでね。

それが(EP:Aquea3と4)

 

 

 

□~102年(48歳故):覚醒したギレイグの手によって殺害される。

言い訳もするがもう、全てが遅い

 

彼は苦しんで死んだ。

ギレイグにした事と同じ様に彼は生涯を終えた

 

□なにか思いついたのがあったら設定追加予定

 

 

■交友関係(ざっくり)

書いてないのもあるけど面識があったりする

◆VICE

 

〇死の派閥

 

●ギレイグ・ヴェード(作者:私)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 30歳(102年時)

所属【KR・槍隊(ランスクラン)/VICE死の派閥】

『最高傑作だった』

よく孤独に居るところに話にしてくる

最初は鬱陶しい奴だと思っていたが

次第に仲は深まっていく

 

ユノとも怪我の治療際に話すようになり

より仲良くはなっていった

だがギュルデンは友情よりも己の欲求を優先し

ギレイグを欺いた、いい道具として

こきつかい、悦に浸って居た。

 

だがある戦いで彼の額に付けられている装置が壊れ、全てを思い出す

彼の怒りを買い、友だった者の手によってその生涯を終える

 

 

ギレイグ・ヴェード - ジヴァールさんのブログ

 

 

●カルディオ・ツィオーネ(作者:自分)

性別:男性 種族【鱗人族(蛇)】 23歳(102年時)

【VICE/死の派閥所属】

『役に立つ部下』

無理な事以外はそこそこ活躍してくれる

使える奴だと思っている。

 

 

カルディオ・ツィオーネ - ジヴァールさんのブログ

 

 

●シュレイト・ゼトワール(作者:私)

性別:女性 種族【魔族】 年齢14歳

『うるさい』

カルディオと常に一緒の魔族の少女

突然大きな声で話したり、あまり施設内には入れたくない

後うるさいとも思ってる。当たり前だけど。

 

ただ自分にも娘が居たのであまりキツくは言わない、せめてもの情け

 

 

シュレイト・ゼトワール - ジヴァールさんのブログ

 

 

 

●サーリャ=アリスト(作者:Windowさん)

性別:女性  種族【人間】 年齢53歳(102年時)

所属【VICE・魔の派閥・魔剤将軍配下研究員】 

『噂には聞く』

覇王城に小さな女が居ると聞いたことはある、実に興味深い

小型の作品作りの際に参考になりそうだ

 

と思ってる

 

 

 

 

サーリャ=アリスト【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

●サツキ=アリスト(作者:Windowさん)

 性別:女性 種族【人間】 年齢15歳(102年時)

所属【VICE・魔の派閥・魔剤将軍配下研究員】 

『関心』

先程興味を持った人物の娘らしい、ほう?足が速い?

彼女の血液サンプルを取れば私作品たちにも色が付きそうだ 

 

 

サツキ=アリスト【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

●フェイタル・シャカール(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【人間】 年齢 35歳(102年時)

所属【VICE・魔の派閥・魔剤将軍配下研究員】 

『苛立ち』

 どこで手に入れたか分からないギュルデンの宛先に手紙で

「猫に対して厳しくありませんか?」などと言ってきた何様だコイツはと思っている

・・・まさかウスイ・・・貴様・・・

 

 

 

 

 

フェイタル・シャカール【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

アルハザード(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:不明 種族【妖霊】年齢不明

【VICE・死の派閥の王】

『うつくしい・・・』

一度出会っただけだったが、得も言われぬ感情になった

醜悪な感じと、気品さを感じる立ち振る舞い、その矛盾に

醜美ともいうだろうか、おぞましいうつくしさに彼は虜になった

 

彼女のような生物を作り出すことがギュルデンの夢だったのかもしれない

 

 

 

 

●フィンネル・ギルボーン(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:男性 種族【霊族(アニマ族)】 年齢128歳

【VICE・死の派閥】

『興味深い……』

 

 

●ヴィヴィ(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:女性 種族【?見た目は人間】年齢(18~24位?)

【VICE・死の派閥】

 

 

 

 

●トルペルテルペ・テラテルポン(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:女性? 種族【?】 年齢(見た目は幼い人間にへんなパーツが付いてる感じ)

【VICE・死の派閥】

 

 

 

 

 

〇魔の派閥 

 

●ウスイ・キリヤ(作者:windowさん)

性別:男性 種族【人族】 年齢不明

【VICE・魔の派閥】

『ネズミのような男』

 

カルディオがよく会うようになっていた人物(彼の部下トリオの件)、シュレイトと2人だけだったならまだしも

ギレイグも連れていくようになっていったため、よくいる「お前に娘はやらん!」って父親の如く引き離した、その後更に色々とあったりして

近づきたくない人物

 

 

ウスイ・キリヤ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●ヨヅル(作者:Windowさん)

『ネズミにつるむ女』

 

ウスイと揉めてたらスゴイ見幕で睨んできた、私の作品達で睨み返したが

やはり気に食わないご様子

 

ヨヅル【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

●シャーミン・バイテ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【鱗人(人とのハーフ)】 年齢19歳(102年時)

【VICE・魔の派閥/魔壁将軍配下】

『やかましい鮫』

 

ウスイの部下、カルディオ、シュレイトに突っかかって来ることが多々あるため

自身の作品(生物兵器)で殺さない程度に瀕死にさせようと考えてたりする

 

 

シャーミン・バイテ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●タヌミー・ポンコッコ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【獣族(狸)】 年齢17歳(102年時)

【VICE・魔の派閥/魔壁将軍配下】

『なんか臭う』

同じくウスイの部下其の二

シャーミンとは違って落ち着いているのでそこまで気にはしていない

聞き訳も良さそうだ…可能ならば手駒にしたい所ではあるが・・・

ん?私の研究資料はどこだ?

 

…おのれウスイー!!

 

 

タヌミー・ポンポッコ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●タヌチー・ポンコッコ(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【獣族(狸)】 年齢17歳(102年時)

【VICE・魔の派閥/魔壁将軍部下】

『少しもどかしい』

ウスイの部下其の三、他二人より大人しくビビリ、私の作品を前にして足がすくんでいた

魔法も使えるのか、どれ。少し教えてやろう

君を見ていると昔の自分を思い出す。

 

 

 

タヌチー・ポンポッコ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ここからナイツロード↓

 

レヴィアタン・本部

 

●ウォルター・アラトティス(作者:私)

性別:男性 種族【鱗人族(人と魚人ハーフ)】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

『次の標的』

巷で噂になりつつあった美青年、改造したいと思い彼を

罠に嵌めるまでは良かったが

あと一歩のところで逃げられた

 

なにしてるギレイグ!何故動きを止めた!!

 

ウォルター・アラトティス - ジヴァールさんのブログ

 

●セレシア(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【魔族(本人談)】 年齢22歳(異歴102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『』

 

 

 

セレシア【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

●ウォーネス・メルオデス(作者:私)

性別:雌 種族【獣族(ボルゾイ)】 23歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)\英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

 

 

 

ウォーネス・メルオデス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●リゼリオ・ベラフシオ(作者:自分)

性別:男性 種族【竜族】 年齢25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

 

 

 

 

リゼリオ・ベラフシオ - ジヴァールさんのブログ

 

●RAIN(レイン) (作者:自分)

性別:女性 種族【機族】 年齢18歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

 

 

 

RAIN(レイン) - ジヴァールさんのブログ

 

 

●ユノ・フィコラス(作者:私)

性別:男性 種族【獣族(クジャク)】年齢46歳(102年)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官】

『明るすぎる』

ギレイグを引っ張りながら自身の医務室へ入ってくる、白いクジャク鳥人

話し方も自分とは真反対でいじってくる所も若干勘にさわる

だが悪いヤツではなく、常に孤独な事が多かったギュルデンを気にかけていたのだと後に思う、死ぬ間際くらいに

 

 

ユノ・フィコラス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●リア・レッドマン(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【機族】 年齢52歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『盾(シールド)』警備科】

『やかましい機械だった』

 

 たまーにユノと一緒に絡みに来た赤色の目立つ機人であった

言葉もひと昔のセリフばかりで軽く流す程度であった

 

・・・今思えばあの時間も悪く・・・ない・・・

 

リア・レッドマン【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

 

 

●エレク・ペアルトス(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 17歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『』デュランダル

 

●ライリー・テルテス(作者:松吉さん)

性別:男性 種族【獣族(ケモ耳)】ショタ

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

 

 

 

松吉(ナイツロード創作垢) on X: "ライリーくんの資料です https://t.co/w1b32WhYOF" / X

 

 

●ベルベット・ブラート(作者:磁石さん)

性別:男 種族【ゴーレム】 25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

 

 

●レルムヴァート(作者:Y.o.Uさん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

 

 

 

●フィリアス・ミューレイド(影さん)

性別:女性 種族【人間】 23歳

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官兼部隊長副官、槍(ランス)分隊G-Clef』隊長】

 

 

 

●ジョニー・ベルペッパー(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間】 27歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官】

 

 

 

●トレック・アットルース(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:男性 種族【獣族(半獣人)】 年齢18歳(100年故) 

所属【KR本部・戦闘部隊『』】

 

 

●アルダ・エルヴァイン(作者:泡沫さん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』分隊リベリオン」隊長】

 

 

 

●シープ(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【羊(獣人じゃないひつじ)】 年齢17歳(実年齢47歳/102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『盾(シールド)警備科】

 

 

 

シープ【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

●マミ・シェイファー 

性別:女性 種族【人間】 44歳(102年時)

所属【KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』】

 

 

 

マミ・シェイファー【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

●ノノ・シェイファー(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【人族】 年齢21歳(102年時)

所属【KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』】

 

 

 ノノ・シェイファー【KR】(verユースティア) - window_smash’s blog

 

 

◇ゲオメトリア・テリナ支部

 

●リーマ・オールウェイズ

性別:男性 種族【人間】 49歳(102年時) 

所属【KRテリナ支部・支援部隊『馬(ホース)』】

 

 

 

リーマ・オールウェイズ【KR】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●シェルト・セレスチアル(作者:自分)

性別:女性(男性) 種族【機族(サイボーグ)】 年齢30歳(102年時)

所属【ゲオメトリア・KRテリナ支部:戦闘部隊『槍(ランス)』】

犬猿の仲、騙して悪いが〉

 

彼女の友人を化け物に変えたことにより自身のことを非常に憎んでいる。

当然ではある、斬り殺そうとしてきたこともあってか

半分彼女に対して煽る様な言い方もしている、ギュルデン自身遊んでいる

 

 

 

◆英雄機関

 

 

●エゼルル・アンフェール(作者:影さん)

性別:男性 種族【獣族(雪豹)】 36歳(102年時)

 

●シュトラ(作者:影さん)

性別:男性 種族【人族】

 

 

 

 

◆その他

 

●ディープ・デスクロウ(作者:私)

性別:雄 種族【獣族(アフガンハウンド)】 年齢41歳(102年時)

所属【メラニオン】

 

 

ディープ・デスクロウ - ジヴァールさんのブログ

 

 

●なにかあったら追加 というか絡んでくれたら絡む

 

 

 

 

ちょっと小話、曖昧な設定話

 

■名前の由来

凶悪殺人犯『ペーター・キュルテン』から

 

この人物は人を殺すことで快楽を得ていた快楽殺人犯

エルサレフは快楽を英語にし、逆から読んだもの

 

ギュルデンも生物を改造することで快楽のようなものを得ていることから

かなりイメージがあってるかなって思って彼をモデルにしました

 

■ギュルデンの誕生日

ペーター・キュルテンの亡くなった日から持ってきてます

 

■彼の作品

ギュルデンは102年に亡くなる予定ですが

その過程で彼は様々な作品もとい兵器を作り出しました

 

ギレイグの様な人の姿形を保ったままの兵器や

もはや人と呼ぶべきか分からない様な兵器まで沢山

 

その兵器である二体↓

この子達は知能が2~3歳で、ギュルデンをパパと呼び(趣味悪)

彼を守ります

 

このトカゲの様な見た目に犬のような鼻をしたのは

女性+犬+爬虫類を組み合わせたキメラ

吐く息、牙には毒の成分が含まれており、喰らえば苦戦は必須です

 

 

 

 

 

コチラの一見普通な感じのヤツもキメラ、体内は無数の触手のようなものが蠢いており、相手を拘束してからの強力な一撃を加えることが可能

 

 

 

 

 

寝起きリモート中↓

 

■ギュルデンの死

彼はギレイグの記憶を曖昧にしていた装置を壊され、ある戦いの後にて意識が覚醒したギレイグの手によって

103年頃に生涯を終えます。

 

ギレイグにしたことを仕返されて死にます、四肢を斬り落とされて失血死するまで

苦しんで死亡します

 

他の世界線、ルートでも恐らく彼は死ぬ運命でしょう

一様かませだから、好きに殺して下さって良いです

 

 

 

■描く上で参考にした人物、イメージ

ファイナルファンタジークリスタルクロニクル・エコーズオブタイムより:ラーケイクス

 

バイオハザード6より:シモンズ

 

連続殺人犯:ペーター・キュルテン

 

 

 

 

シュレイト・ゼトワール

名前:シュレイト・ゼトワール

 

キャラデザイン・イメージ

 

 

マントには死の派閥の紋章があります↓



 

 

旧デザイン





 

 

 

■身長159cm程 体重約58kg 誕生日3月26日  右利き

性別【女性】 戦闘【LvB-】 種族【魔族】

 

14歳(102年時)

【VICE・死の派閥所属戦闘員】

 

 

異名『楽雷』

 

■元気に動き回って敵をぶっ飛ばす女の子、義務教育なるものを受けておらず、世間の事はあんまり知らないすこしお馬鹿の子

 

カルディオに言われて気づくことも多い成長期

 

オトモを引き連れカルディオの周囲を動き回る

 

 

 

 

■能力

 

□スーパー電気(エンハンブレ) 種類:エフェクト

シュレイトが命名した()はそれっぽい名前にしただけ、雷を操る力、ビームみたいに放ったり(か●はめ波みたいな)、早く動き回ったり

雷っぽいことは大体できる

室内だと弾丸のように飛び回る様子がよくある

 

 

□歌唱式(レゾナンス) 種類:ウルティマ

 

声に魔力を宿して発する事で、世界に呼びかける魔術の一種

破壊、守護、治癒と様々、単語を覚えて歌うだけで詠唱が可能で汎用性は高いが

敵地のど真ん中でこれをしようものなら、声を出して目立つため真っ先に狙われる

なので姿などを消してから歌うことをお勧めする

 

シュレイトの場合カルディオの呪詛の効果を高めるために歌っている 

本来、本などを読んで覚えるのだが彼女は

頭の中に歌唱式の単語が自然と入ってくる(天才)ので本を読まずともこの魔術式が使用可能なのだ

 

ちなみにえぴあく3と4で実際に使っている

 

 

 

■人柄『スーパー元気少女』

とにかく元気で明るい優しい女の子、よく食べて、よく遊んで、よく寝て、

困ってる人は放っておけないア●パ●マンみたいな子

 

こういう風になったのはカルディオが優しく真意に育てたからである

努力の賜物、あとは彼女に付き従う死徒のおかげでもある

なのでネガティブな事を彼女に投げかけても全てポジティブに受け返す事が出来る

ある意味天才の少女

 

 

 

武装詳細

 

□抑制着

シュレイトが着ている戦闘服、たまに能力の制御が利かなくなってしまうことがあったため

カルディオがVICE研究員らと作成したもの

 

これを外すと力を抑えきれず味方を巻き込んでしまう恐れがあるため、外すときはホントにヤバイ時だけ

 

■形態

■趣味・嗜好

 

□特技:駆けっこ 水上走り 大食い 運動全般 十秒以内に寝ること  

 

□趣味:人助け 自然鑑賞、共鳴 歌うこと

 

□好 :カルディオが作る肉と魚料理 カルディオ 優しい人 親(ほとんど記憶なし) 動物 自然

 

□嫌 :カルディオが作る野菜料理 気持ち悪いもの カルディオの死 ガラの悪いヤツ 怖い人

 

■話し方

 

自分『シュレイト』『アタシ』『ワタシ』

相手『おまえ』『名前呼び』『アイツ』

複数『おまえたち』『アイツら』

 

 

■異歴

 

□88年(0歳):

ラグライアにある村にて

父は魔剣士、母は魔術師の家庭で産まれる

他の地方の近くにあったためか、小競り合いに村が巻き込まれ

シュレイトが住む村は跡形もなくなってしまった

 

戦いに巻き込まれ重傷を負ったシュレイトの母は最後の力を使って、夫、娘、自身らに認識阻害の魔法を掛け、2人のために戦った夫と共に息を引き取る。

この時、名前が書かれた紙が一緒に添えられている、まだ産まれて間もなかったからだ

 

 

そしてタイミングよく廃村となった場所へ他のVICE人員と訪れたカルディオ(なんか使えそうなものがないか寄り道)が、まだ赤子で泣き叫んでいたシュレイト・ゼトワール(0歳)(名前が分かったのは手紙みたいなものが挟んであったから)

を見つけ、保護して養子にする

 

89年(1歳):能力スーパー電気(エンハンブレ)を発現、カルディオに電撃を浴びせてしまう

なので抑制装置なるものを付けられる

 

以降特に何事もなくカルディオと死霊護衛らと共に元気に成長していく

 

 

 

□98年(10歳):ギュルデンがカルディオ、シュレイトが住んでる死の派閥研究施設の管理を任される

 

と同時にギレイグ・ヴェードがカルディオに同行するようになる

シュレイトがせんぱい!!ギレおじさんはこうはい!!

 

ついてこい!!ぎえいぐべーど!!

カルディオ「いや僕の命令で動くようにして……え.なんでシュレイトについてくの?ちょっと?」

 

カルディオに育てられ、順調に成長していく

学校とかに通わせてない為、広大な自然が学び場

なので世間とのズレが激しい(意味深)

 

 

□101年(13歳):シュレイトが青いおんな黒いネコ達にいじめられる、うわーん!

ひきょうものー!!

きたないぞ黒猫青ツンツン水おんな岩オトコ!!素手で勝負しろ!!

(Ep:Aquea2)

 

カルディオと研究施設へ攻め入って来る予定のKR団員らを迎撃する、あの時の青いヤツも居て一泡吹かせてやった!!!

 

カルディオの上司が逃げた

「よわむし!ざこ!!!!」(EP:Aquea3と4)

 

 

 

□102年:今(14歳)

 

□なにか「おっ!」って思ったのがあったら設定追加予定

 

 

■交友関係(ざっくり)

 

◆VICE

 

●ギレイグ・ヴェード(作者:私)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 30歳(102年時)

所属【KR・槍隊(ランスクラン)/VICE死の派閥】

『優しいおじさん後輩』

シュレイトと遊んでくれる後輩おじさん!

シュレイトが大先輩!!エッヘン!

でも時々悲しそうな顔をしてる、だれか好きな人でも居たのかな?

 

助けてあげたい

 

ギレイグ・ヴェード - ジヴァールさんのブログ

 

●カルディオ・ツィオーネ(作者:自分)

性別:男性 種族【鱗人族(蛇)】 23歳(102年時)

【VICE/死の派閥所属】

『大好き!!!!』

自身を赤子の頃から面倒見てくれている蛇のお兄さん

自分をよく知る人物で、一様親のような存在とは思ってる

一緒に買い物をしたり、料理をしたり、洗濯をしたり

家族そのもの

 

 

カルディオ・ツィオーネ - ジヴァールさんのブログ

 

●ギュルデン・エルサレフ(作者:私)

性別:男性 種族【人族】 年齢49歳(103年時故)

『キケンなオジサン』

カルディオの先輩、すっごい顔怖い、カプセル見て笑ってるし

ギレイグと一緒に怒られたりするし、あんまり一緒に居たくないと思っている

 

きらい

 

 

ギュルデン・エルサレフ - ジヴァールさんのブログ

 

 

●ウスイ・キリヤ(作者:windowさん)

性別:男性 種族【人族】 年齢不明

【VICE・魔の派閥】

『しんどそうだけどダイジョウブ?』

カルディオの元へ後記載のシャーミンの件で謝罪しにきた人物

楽しかったよ!と返すが迷惑をかけてしまったことは変わらないとのことで

お詫びの品までくれた、いいひと!!

 

でもすっごい隈が目立つので心配してる

 

 

 

設定はコチラ↓

ウスイ・キリヤ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

 

●ヨヅル(作者:Windowさん)

『クール!カッコイイお姉さん!』

ウスイさんと一緒にシャーミンの件で謝りに来た女性

美人!綺麗!アタシもヨヅルさんみたいになりたい!

と彼女がお気に入り

 

設定はコチラ↓

ヨヅル【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

 

●シャーミン・バイテ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【鱗人(人とのハーフ)】 年齢19歳(102年時)

【VICE・魔の派閥/魔壁将軍配下】

『ライバルで友であrなんだこのやろう!』

魔の派閥の構成員、鮫野郎!

ある任務中、突然尻に嚙みついてきた。

自慢の電撃を食らわせた後、「ライリーはシャーミン様の宿敵なのだ!邪魔するなら勝負だー!」と言われて応戦

 

丁度彼女の取り巻きも二人居たのでその場で対決(遠い未来の棒バトの話)

でもなんか後でシャーミンの上司が謝りに来た

「なんで?勝負しただけだよ?」

 

その後も何かと衝突して勝負する、カルディオも問答無用で巻き込まれる

 

 

 設定はコチラ↓

シャーミン・バイテ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

 

 

●タヌミー・ポンコッコ(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【獣族(狸)】 年齢17歳(102年時)

【VICE・魔の派閥/魔壁将軍配下】

『取り巻き狸!』

シャーミンの取り巻き、タヌチーの姉狸

なんかビビってる?ふん!!シュレイトの力におののくがいい!

 

設定はコチラ↓

タヌミー・ポンポッコ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

 

●タヌチー・ポンコッコ(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【獣族(狸)】 年齢17歳(102年時)

【VICE・魔の派閥/魔壁将軍部下】

『ビビリ狸!』

シャーミンの取り巻き、タヌミーの弟狸

どこに魔法撃ってるの?…あ。逃げろー!!

 

 

設定はコチラ↓

タヌチー・ポンポッコ【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 

●ハド(作者:磁石さん)

性別:男性 種族【人間】 年齢27歳

【VICE・死の派閥所属/十三死徒・惨死徒

『優しいお兄ちゃん』

一緒に遊んでくれた犬?っぽい人

お馬さんごっこもしてくれたり、一緒に戦いごっこをしてくれたり

カルディオと同じく信頼してる人

 

 

設定はコチラ↓

ハド 設定 - magnetnooeki10’s blog

 

 

 

●ミョルニア(作者:極小細菌さん)

性別:女性 種族【魔族(ケモミミと尻尾がある)】 年齢25歳くらい

【VICE・魔の派閥所属】

『憧れ!!』

シュレイトが憧れてるケモ耳女の子、ワタシもミョルニアちゃんみたいに雷ビリビリでやっつけれるようになりたい!!

 

と非常に尊敬している。胸の大きさも。

 

 

●サーリャ=アリスト(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【人間】 年齢53歳(102年時)

所属【VICE・魔の派閥魔剤将軍配下.研究員】

『チビ!』

サツキ=アリストの母、"自分よりちっちゃい"けど物知りで勉強になるので

遊びに行く「ここはこうじゃ!!」とか楽しく教えてくれる

 

たまに彼女と話していると不思議な気持ちになる

寂しい…?何が…寂しいの…?

 

 

設定はコチラ↓

サーリャ=アリスト【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

●サルキ=アリスト(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【人間】 年齢15歳(102年時)

所属【VICE・魔の派閥/魔剤将軍配下.研究員】

『早い子!!!』

 

サーリャさんと軽い勉強をした後駆けっこに誘う子

シュレイトの方が早いもん!と意地を張って駆けっこ中に壁に激突したことがある

 

 

設定はコチラ↓

サツキ=アリスト【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

 フェイタル・シャカール(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【人間(モノ・ヒューマ)】 年齢 35歳(102年時)

所属【VICE・魔の派閥・魔剤将軍配下.研究員】

『デカイ!顔をみせろ!』

 

すっごくおっきい人間、ヘルメットの中身が気になって無理やり取ろうとして

カルディオに怒られたことがある

「色々事情があるんだよ」っと言われるが幼いシュレイトには分からなかった

なのでこんどは見せてくださいと敬語でペコリと死徒達と挑むが失敗。

 

ダメでした

 

 

 

設定はコチラ↓

フェイタル・シャカール【VICE】(ユースティアver) - window_smash’s blog

 

 

◆ここからナイツロード↓

 

 

●ウォルター・アラトティス(作者:私)

性別:男性 種族【鱗人族(人と魚人ハーフ)】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)】

『青い水やろう!』

 

えぴあく2で交戦したKR団員

私をボコったヤツ、だったのでえぴあく3、4でやり返してやった(ほぼ他力本願)

やったぁ!えっへん!

 

 

ウォルター・アラトティス - ジヴァールさんのブログ

 

 

●セレシア(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【魔族(本人談)】 年齢22歳(異歴102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

 

 

 

 

●ウォーネス・メルオデス(作者:私)

性別:雌 種族【獣族(ボルゾイ)】 23歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

 

 

●リゼリオ・ベラフシオ(作者:自分)

性別:男性 種族【竜族】 年齢25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

 

●RAIN(レイン) (作者:自分)

性別:女性 種族【機族】 年齢18歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』/英雄機関・国家英雄_リーベルタース配属】

 

●エレク・ペアルトス(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間(アニマ族)】 17歳(102年時)

『ビリビリの宿敵』

えぴあく2で交戦したKR団員

後ちょっとで倒せそうだったライリー、ウォルターを助けに来た

 

自身と似てる雷の力も使って来て

なんかもうぐぬーー!って感じ

煮え湯を飲まされた気分だよ!

お前もいつかボコボコのけちょんけちょんにしてやるー!

 

 

●ライリー・テルテス(作者:松吉さん)

性別:男性 種族【獣族(ケモ耳)】ショタ

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

『黒い猫やろう!』

えぴあく2にて交戦したKR団員

後少しだったのに、青いビリビリに邪魔された!

おのれー!

 

 

 

●ベルベット・ブラート(作者:磁石さん)

性別:男 種族【ゴーレム】 25歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『槍(ランス)』】

 

 

 

●レルムヴァート(作者:Y.o.Uさん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』】

 

 

●フィリアス・ミューレイド(影さん)

性別:女性 種族【人間】 23歳

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』教官兼部隊長副官、『槍(ランス)』分隊G-Clef」隊長】

 

●ジョニー・ベルペッパー(作者:うまそうさん)

性別:男性 種族【人間】 27歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『』】

 

 

 

●トレック・アットルース(作者:うまそうす騎士丼すさん)

性別:男性 種族【獣族(半獣人)】 年齢18歳(100年故) 

 

 

 

 

 

 

 

●アルダ・エルヴァイン(作者:泡沫さん)

性別:男性 種族【人間】 19歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『剣(セイバー)』分隊リベリオン」隊長】

 

 

●ラナ・ピラーラ(作者:自分)

性別:女性 種族【魔族】 年齢14歳(102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『杖(ワンド)』】

〈関心〉〈かぞく?〉

ある戦いにて出会った、自身と逆の位置に同じ模様がある少女

自身の名乗ったゼトワールの部分に強く反応し

なんと姉妹だと言い始めた

 

私のこと、しってるの?・・・え?パパとママ??この子たちは

シュレイトの護衛・・・だよ?・・・うそ・・・だってパパとママ・・・しんで・・・

 

 

 

 

●シープ(作者:Windowさん)

性別:男性 種族【羊(獣人じゃないひつじ)】 年齢17歳(実年齢47歳/102年時)

所属【KR本部・戦闘部隊『盾(シールド)』警備科】

 

 

 

 

●マミ・シェイファー 

性別:女性 種族【人間】 44歳(102年時)

所属【KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』】

 

●ノノ・シェイファー(作者:Windowさん)

性別:女性 種族【人族】 年齢21歳(102年時)

所属【KR本部・支援部隊『薬(メディシン)』】

 

 

●リーマ・オールウェイズ

性別:男性 種族【人間】 49歳(102年時) 

所属【KRテリナ支部・支援部隊『馬(ホース)』】

 

 

 

◆英雄機関

●エゼルル・アンフェール(作者:影さん)

性別:男性 種族【獣族(雪豹)】 年齢36歳(102年時)

所属【英雄機関・世界英雄_リーベルタース配属】

 

 

●シュトラ(作者:影さん)

性別:男性 種族【人族】

 

 

 

◆その他

 

●ディープ・デスクロウ(作者:私)

性別:雄 種族【獣族(アフガンハウンド)】 年齢41歳

所属【メラニオン】

 

 

 

●父と母

あんまり覚えてないけど、カルディオから自分を守るように亡くなっていたと聞いているので

優しい両親だったんだろうなぁと思っている

 

 

●なにかあったら追加 というか絡んでくれたら絡む

 

 

 

 

ちょっと小話、曖昧な設定話

 

■名前の由来

流れ星が語源だったような……

エトワールからとってるのは分かってる

能力名は星屑(スペイン語:enjambre)から

 

 

■彼女の誕生日

シュレイトは3月26日が誕生日ですが、コレは

「地球に初めて隕石が落ちたのが32億6,000年前」

が元。

 

コレだけ、シンプル

 

■シュレイトの脳

シュレイトは軽度の知的障害

ほんとにちょっとアホなだけで、待てと言われたら待てるし

指示も聞ける、ただ難しいことを覚えるのが苦手で

力仕事が得意。

 

 

■シュレイトの護衛、死徒について

シュレイトを守るために二人の死霊がついてきています

この二人はカルディオが死霊術で蘇らせた者、強さは二人とも【C+】です

※生前は【A-】ほど、死亡したことによってステータスが低下している

 

ちなみにどんなに遠くにシュレイトが離れても必ず追いかけてきます

自我は半分だけあって、軽い命令なら指示通りに動いてくれる

 

ちなみに命令の主導権はシュレイトですが彼女は敵に対して「やれ!!」としか言わないので「やり」にいきます

 

あと遊び相手に付き合うくらい

 

二人の棒デザ


護衛Aは種族は魔族、年齢は30代程

能力は『剣を作り出す』だったはず

ちなみにそんなに強くはない

 


護衛Bの種族も魔族、年齢はAと同じ30代近く

能力は属性式兵士級、あと浮遊する盾を操りながら戦う

けど強くないです。

身長は共に170cm前後
お肌は魔族なので灰色、服は白黒系

 

ちなみに余談ですが

 

この二人、実はシュレイトの父親と母親です

 

父の名は「ペイト」母は「ロミア」

 

二人ともマギーアの小競り合いに巻き込まれ、赤ん坊のシュレイトだけは…

と母親がしばらく周囲から

臭いや視界、音も遮断する魔法を自身の命を削りながら展開し続けました

 

そして丁度事切れる瞬間にカルディオらがやってきたのです

なので実質カルディオがゼトワール一家を保護したことになってます

 

カルディオ、シュレイトはそんなこと知る由もないでしょう

 

■描く上で参考にした人物、イメージ

 

●覚えていない、17歳の時に考えたものだったから

 

今思いつくものがあるとしたら…

星とか流星群?とかなぁ

 

アークライズファンタジア より セシル

 

NieR Replicant より デボル

 

金色のガッシュベルより ガッシュ